フジッコの取り組み

仕事と家庭の両立支援制度

すべての従業員が自分のキャリアビジョンを実現できるよう、支援をしています。

育児

項目 フジッコの制度
産前休暇 6週間以内
※多胎妊娠の場合は14週間以内
産後休暇 8週間以内
育児休業 対象:1歳に満たない子と同居し養育する従業員
※育児休業の累計取得年数が4年を超えない場合は、子が3歳に達するまで取得可能(法廷取得期間を超える制度)
職場復帰後 子の看護休暇 対象:小学校入学までの子を養育する従業員
・年5日(小学校入学までの子が2人以上の場合は年10日)
・1日、半日単位での取得が可能
所定外労働の制限 対象:3歳未満の子を養育する従業員
・所定労働時間を超える労働の制限
時間外労働の制限 対象:小学校入学までの子を養育する従業員
・1か月24時間、1年150時間を超える時間外労働の制限
深夜業の制限 対象:小学校入学までの子を養育する従業員
・午後10時から午前5時までの間の労働制限
短時間勤務 対象:小学校3年生終了に達するまでの子を養育する従業員
・所定労働時間を、原則として6時間に短縮
その他 フジッコオリジナル ・配偶者の出産に伴う特別休暇の付与(2日間)
・カムバック制度

介護

項目 フジッコの制度
介護休業 ・要介護状態にある家族1名につき通算93日まで最大3回
介護休暇 ・家族1名につき年5日(2名以上の場合は年間10日)
・1日、半日単位の取得が可能
職場復帰後 所定外労働の制限 対象:要介護状態にある家族を介護する従業員
所定労働時間を超える労働の制限
時間外労働の制限 対象:要介護状態にある家族を介護する従業員
・1か月24時間、1年150時間を超える時間外労働の制限
深夜業の制限 対象:要介護状態にある家族を介護する従業員
午後10時から午前5時までの間の労働制限
短時間勤務 対象:要介護状態にある家族を介護する従業員
・当該家族1人当たり利用開始の日から3年の間で2回までの範囲内で、所定労働時間を、原則として6時間に短縮