ガバナンスGovernance

基本となる考え方

当グループでは、株主をはじめ、顧客、従業員、地域社会等のステークホルダー(利害関係者)の皆様からの期待と信頼に応えるため、法令を遵守し、倫理観を持って企業の社会的責任を果たすこと、また、迅速で正確な情報把握と意思決定及び適時な情報開示を行い、事業活動を通して適切な利益を確保し、フジッコブランドの強化、資産の有効活用を通して、企業価値を高めていくことを基本方針としております。

コーポレート・ガバナンス体制図

取締役会

取締役会は月1回定時に開催するほか、適宜臨時に開催しております。
法令の決議事項のみならず、企業価値向上につながる会社の重要な意思決定や業務執行の監督等を行っております。

監査等委員会

当社は、監査等委員会設置会社制度を採用しております。
監査等委員会は、常勤の監査等委員である取締役1名と、財務・会計・法律等に関する高い見識を有する監査等委員である社外取締役2名から構成されております。

人事報酬委員会

取締役の指名及び報酬の決定プロセスに関して透明性と客観性を確保することを目的に取締役会の諮問機関である人事報酬委員会を設置しております。独立社外取締役2名、社内取締役1名から構成され、取締役の指名と報酬について取締役会へ諮問しております。

主な委員会

リスクマネジメント委員会 (役割)企業リスクの評価・予防し、制御する仕組み・制度・教育プランを策定する
危機管理委員会 (役割)クライシス局面の際、迅速に適切な事後対応を行い、発生後の損害を最小限に留める

コンプライアンス

当グループ横断的なコンプライアンスリスクの把握、分析を目的として、社長執行役員を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しております。また、法令遵守を明文化した「フジッコグループの倫理基準」を当グループ全役職員に周知徹底させるとともに、「コンプライアンス・ガイドライン」を通じて行動の指針を明示し、法令遵守、企業倫理の維持が経営の根幹であることを当グループ全体に徹底しております。

当グループは、当グループの役職員が、コンプライアンス上疑義のある行為等について、社内の通報窓口又は社外の弁護士を通じて会社に通報できる内部通報制度を設置・運営しております。

フジッコグループの倫理基準へ

取締役のスキル・マトリックス

当社の取締役会は、これまで取締役が担う経営と執行の実態を踏まえ、取締役が経営の監督に従事し、業務執行部分を執行役員に委譲するうえで取締役の減員を段階的に進めてきました。また、独立社外取締役と女性取締役等の選任を通じて、取締役会の多様性と適正規模の両立が着実に進んでおります。
当社では、企業理念「フジッコの心」の中で「自然の恵みに感謝し 美味しさを革新しつづけ 全ての人々を元気で幸せにする 健康創造企業を目指します」を掲げ、ステークホルダーとの協働をもって、元気で健康な社会の実現に貢献するように事業活動を進めております。

このような会社経営の観点から、取締役会における充実した議論による重要な業務執行の意思決定及び適切な業務執行の監督・監査機能をバランス良く発揮するため、現時点での当社の取締役会にとって重要と考える知見・経験を、「企業経営・経営全般」、「業界の知見」、「リスクマネジメント・法務」、「財務・会計・税務」、「販売・マーケティング」、「生産・調達・品質保証」、「研究・開発・イノベーション」、「IT・デジタル」と定義し、これらの知見・経験を適切に有している方を取締役候補として指名しております。
なお、上記の知見・経験については、外部環境や会社の状況を踏まえ、適宜見直しを図ってまいります。

(◎:深い経験のあるスキル  〇:経験のあるスキル)

    企業経営・
経営全般
業界の知見 リスクマネジ
メント・法務
財務・会計・
税務
販売・マーケ
ティング
生産・調達・
品質保証
研究・開発・
イノベーション
IT・デジタル
  代表取締役社長執行役員
福井 正一
 
  取締役専務執行役員
石田 吉隆
 
  取締役上席執行役員
荒田 和幸
         
  取締役上席執行役員
寺嶋 浩美
       
独立
社外
社外取締役
小瀬 昉
       
独立
社外
社外取締役
池田 純子
           
  取締役 監査等委員
藤澤 明
         
独立
社外
社外取締役 監査等委員
石田 昭
         
独立
社外
社外取締役 監査等委員
上谷 佳宏
             

    役員一覧    

取締役の報酬

当社は、取締役会において取締役の個人別の報酬の内容の決定に関する方針(以下「報酬決定方針」といいます)を決議しております。

  1. 基本方針

    当社では、取締役の指名と報酬の透明性及び公平性を高めるため、人事報酬委員会を設置しております。取締役会が取締役の報酬を決定するに当たっての方針は以下のとおりであります。

    【報酬の方針】

    取締役の報酬決定の方針は、業務執行、非業務執行及び社内、社外を問わず、全て「基本給」をベースとして金銭にて支払うこととする。
    今後の業績連動報酬の導入等の改定を含む取締役の報酬の制度設計は、人事報酬委員会で検討のうえ、株主総会で決議された総額の範囲で、取締役会の決議により決定するものとする。

  2. 個人別の基本報酬(金銭報酬)の額の決定に関する方針(基本報酬を与える時期又は条件の決定に関する方針とその決定方法を含む。)

    取締役会が取締役の報酬を決定するに当たっての手続は以下のとおりであります。

    【報酬決定の手続】

    個々の取締役の月例の報酬に関しては、前段で記した報酬の決定方針に基づき、人事報酬委員会において職位等を鑑みながら検討のうえ、株主総会で決議された総額の範囲内で、取締役会の決議により決定するものとする。

フジッコレポート

事業活動及びESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みについての統合報告をデジタルブック形式・PDF形式でご覧いただけます。

最新のフジッコレポート

keyboard_arrow_up