ガバナンスGovernance

基本となる考え方

当グループでは、株主の皆様をはじめ、お客様、地域社会、従業者などのステークホルダー(利害関係者)の皆様からの期待と信頼に応えるため、法令を遵守し、倫理観を持って企業の社会的責任を果たすこと、また、迅速で正確な情報把握と意思決定及び適時な情報開示を行い、事業活動を通して適切な利益を確保し、フジッコブランドの強化、資産の有効活用を通して、企業価値を高めていくことを基本方針としています。

コーポレート・ガバナンス体制図

取締役会

取締役会は毎月1回定期開催するとともに、必要に応じて臨時に開催しております。
法廷の決議事項のみならず、企業価値向上につながる会社の重要な意思決定や業務執行の監督等を行っています。

監査等委員会

当社は、監査等委員会設置会社制を採用しています。
監査等委員会は、常勤の監査等委員である取締役1名と、財務・会計・経営戦略時に等に関する高い見識を有する監査等委員である社外取締役2名から構成されています。

人事報酬委員会

取締役の指名及び報酬の決定プロセスに関して透明性と客観性を確保することを目的に取締役会の諮問機関である人事報酬委員会を設置しています。独立社外取締役2名、社内取締役2名から構成され、取締役の指名と報酬について取締役会へ諮問します。

主な委員会

リスクマネジメント委員会 (役割)企業リスクの評価・予防し、制御する仕組み・制度・教育
危機管理委員会 (役割)クライシス局面の際、迅速に適切な事後対応を行い、発生後の損害を最小限に留める

コンプライアンス

当グループ横断的なコンプライアンスリスクの把握、分析を目的として、代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しております。また、法令遵守を明文化した「フジッコグループの倫理基準」を当グループ全役職員に周知徹底させるとともに経営トップの指針を明示して、法令遵守、企業倫理の維持が経営の根幹であることを当グループ全体に徹底しております。

当グループは、当グループの役職員が、コンプライアンス上疑義のある行為等について、社内の通報窓口又は社外の弁護士を通じて会社に通報できる内部通報制度を設置・運営しております。コンプライアンス体制の維持・向上のため、法務知財部によるコンプライアンス研修、購買部門を対象に下請法研修を定期的に実施しております。

フジッコグループの倫理基準へ

フジッコレポート

事業活動及びESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みについての統合報告をデジタルブック形式・PDF形式でご覧いただけます。

最新のフジッコレポート

keyboard_arrow_up