SDGsへの取り組みSDGs

当グループは、SDGsについて企業の持続的成長に向けた経営戦略として本業とリンクさせて取り組むべきものと認識しております。1960年の創業以来、当グループは食の安心・安全や食育活動、ベルマーク運動を通じた教育支援等、様々な社会貢献活動を行ってきました。SDGsの基本的な理念「誰一人取り残さない」は、”全ての人々を元気で幸せにする健康創造企業”を目指す当社の理念と合致しており、これからはSDGsの取り組みを推進することで”5つの健康”の実現を目指します。

SDGsに取り組みにあたり、当グループとして優先的に取り組むべき社会的課題を特定しました。限りある経営資源を優先取り組み課題に対して適切に投下していくことで、より実効性のある取り組みとします。

優先取り組み課題選定手順

1

これまで取り組んできた事項に加え、SDGs等を参考に社会的課題を洗いだします。

2

SDGs推進委員会メンバーで、グループ事業への重要度と社会の持続性への重要度の支店からマテリアリティ・マトリックスにプロットします。

3

社内取締役全員が出席する常務会に提示し、決議します。

SDGs推進委員会

2020年4月より、SDGsを経営課題の一つとして推進するため、取締役を委員長とするSDGs推進委員会を発足しました。上記の手順で決定した優先取り組み課題について、推進責任者(執行役員または部門長クラス)を定め、課題ごとに設定したKPIの達成を目指します。SDGs推進委員会は四半期に1度開催し、各取り組み課題の進捗報告を行い、相互に助言・協力することで推進活動を力強いものとするとともに、相互モニタリングにより活動に規律を与えます。

サステナビリティに対する推進テーマ

テーマ 取り組み 関連するSDGs
健康経営 健康経営
食の安心・安全

消費者志向自主宣言

製品事故防止の取り組み

お客様相談室の取り組み

あんしんへの取り組み(フジッコあんしんシステム)

食育

食育活動

体験イベント

教育支援

情報提供活動

まめっ子倶楽部

ダイバーシティ

ダイバーシティの取り組み

働き方改革

女性活躍推進

仕事と家庭の両立支援制度

地方創生 地方創生

プラスチック容器対応 プラスチック容器対応

産地との協働 昆布産地との協働
豆の産地との協働

食品ロス削減 食品ロス削減

SDGs(Sustainable Development Goals)

2015年9月の国連総会で採択された『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』と題する成果文書で示された2030年に向けた具体的行動指針。
貧困や飢餓の解消、クリーンエネルギーの供給、地球能な開発目標。環境の保全等の17項目。

フジッコレポート

事業活動及びESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みについての統合報告をデジタルブック形式・PDF形式でご覧いただけます。

最新のフジッコレポート

keyboard_arrow_up