IRポリシーIR Policy

1. 基本方針

フジッコ株式会社(以下「当社」といいます。)は、株主・投資家の皆様に当社に対する理解を深めていただき、正しく評価していただくために、公平かつ適時適切な情報開示を行うことをIR活動の基本方針としております。

当社は金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」といいます。)に従って、情報開示を行っております。また、諸法令や適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与える情報については、積極的かつ継続的に開示いたします。特定の機関又は個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、公平かつタイムリーな情報開示に努めてまいります。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」といいます。)に登録し公開するとともに、TDnetで公開後速やかに当社ホームページ上にも掲載いたします。
また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合も、適切な方法により開示いたします。

3. 業績予想及び将来の見通しについて

当社が開示する当社及び関係会社の計画、将来の見通し、戦略などのうち、過去又は現在の事実でないものは、開示時点において入手可能な情報をもとに当社が判断したものであり、実際の業績等は、様々な条件・要素によりこれら見通しとは大きく異なる可能性があります。

4. 沈黙期間

当社は決算(四半期決算を含みます。以下同じ。)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としております。この期間は、決算・業績見通しに関するご質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく変動する見込みとなった場合には、適時開示規則に従って適宜情報開示を行います。

5. 第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、機関投資家、アナリストの皆様等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及いたします。
また、当社は、第三者による当社業績予想等につきましては、いかなるものも支持することをいたしません。

keyboard_arrow_up