職人のこだわりと心意気が作る「おいしさ」Deliciousness

フジッコ流「つくり」

おいしさは、職人のこだわりと心意気が作る。

「ご家庭の味」をおいしく、いつでもどこでも安心して召し上がっていただくための「技術」。
おいしいものを均質に全国にお届けするためには、意外な重装備が要ります。
コンピュータ制御も欠かせません。自社開発した手作りの装置も沢山あります。
…でも肝心なところでは人手を惜しまないのがフジッコ流。
品質と味を決めるのは「職人」のこだわり。
湯気の向こうの若きマイスター達の取り組みが、フジッコの味を作り出しています。

温度は?色は?味は? …真剣な釜との取り組み。熟練のカンと経験が、いちばんおいしい「今!」を決めます。――
彼等の緊張を支えているのは、お客様からいただいた「おいしかったよ」のお声の記憶。おいしさ作りの自信と誇りです。

おいしさと安心のためには常識にこだわるな。…こんな精神は工場にもあふれています。
たとえば、おなじみの「ふじっ子煮」の多くは、お釜でかきまぜて炊くのではなく、昆布は動かないまま調味液の方が循環して仕上げられます。いわば、逆転の発想。そっと置かれた昆布は傷まず、じっくり時間をかけて、おいしさをとっくりと含みます( 真空濃縮循環煮熟法:左)。
また「おかず畑」は炊きあげたらすぐ真空冷却。最後の仕上げも、味を損なわないよう低温レトルト殺菌されています(右)。

Clean Factory Fujicco

現場への入り口で清潔を保つためのチェックや消毒は作業者の自覚が守ります。
作業中にも一定時間ごとのチャイムに合わせて責任者が再度ローラー掛け。服装などを厳しくチェックして巡回しています。

「フジッコだから安心」と言われ続けるために…

フジッコのおいしさは、職人のこだわりと「ママのハート」で作っています。
各工程で検査を重ねてきた最後の仕上げ・計量の前ではいまだに人の目で「一粒選り」されています。包装後にも金属検査~量目検査~ソフトX線検査をくぐらせた後で、最終的に一袋ずつ手にとって「ベテランの目」でチェックしてからレトルト殺菌に回します。

フジッコの工場には多くのママさんが働いています。
彼女たちは「我が子のために作っていると思って…」と口を揃えます。日本一安心な品質を。
現場のママの目には製品の向こうにおいしさに目を輝かせる子供達の笑顔が映っています。

品質管理室

フジッコの全工場に設けられている「品質管理室」はとても厳しい品質の砦。
毎日ロットごとの検食や、理化学検査、微生物検査、アレルギー物質検査などが厳格に実施されています。
フジッコの国内全ての工場は国際標準化機構ISOの統合認証を得ています。

安心安全に心を砕いているのは製造の現場だけではありません。
作り方の努力だけでカバーしきれない原材料の検査は、本社内の「食品安全検査室」で行っています。
専門の検査グループが使用する原材料の全てを検査して安全性を確認。その上で原材料から仕上げまで全ての生産履歴情報を一元的に把握する「フジッコトレースシステム」を敷き、一部の情報はホームページで公開しています。
私達はこれを「フジッコあんしんシステム」と呼んでいます。

フジッコあんしんシステムでは、野菜原料の多い商品群について、生産履歴トレース情報のうち「原産地」と「原料検査結果」をホームページで検索・確認いただけるように公開しています。

食品安全検査室

最新鋭検査機器を備えた「食品安全検査室」では、専門検査員達が毎日原材料をロットごとに分析・検査しています。
野菜や豆をはじめ使用するすべての農産物について300種類の「残留農薬検査」を実施しているほか、「動物用医薬品検査」「遺伝子組換え検査」および「5大アレルゲン残留検査」を実施して安全を保証しています。

keyboard_arrow_up