製品事故防止の取り組みAccident

2017年4月に発足した事故防止委員会では、製品事故防止運動を統括する最高意思決定機関として「活動の4本柱」を掲げ、品質保証の新しいマネジメント体制の強化に取り組んでいます。
2018年度においては、製品事故防止事例の水平展開、食品安全設備の運用による不良品の発生防止、社外研修等による人材育成などに取り組み、お客様からのお申し出件数の削減につながりました。
2019年度は活動3年目となり、今までの活動を継承しながら、さらに進化させていくことになります。
ヒューマンエラー防止の仕組みを構築するとともに、日本発の食品安全マネジメント規格「JFS-B」※1、FSSC22000※2の認証を取得し、2020年に制度化されたHACCP※3に基づく品質管理を行っております。

事故防止委員会活動の4本柱

  1. 未然防止活動
  2. 作業マニュアルの整備と監査
  3. 施設・設備のメンテナンス体制の充実
  4. 現場力を高める人材育成

食品安全(フードセーフティ)※4

食品防御(フードディフェンス)※5

※1 JFS-B・・・HACCPを包含する日本発の食品安全マネジメント規格。
※2 FSSC22000・・・HACCPをベースに作られた食品安全システム認証。
※3 HACCP・・・食品の製造工程における品質管理システム。2020年より義務化。
※4 食品安全(フードセーフティ)・・・自然に起こり得る、あるいは意図せず起こる食品汚染からの保護。
※5 食品防御(フードディフェンス)・・・意図的な食品汚染からの防御。

keyboard_arrow_up