「黒大豆ポリフェノール クロノケア®」の開発 ChronoCare

基礎研究

伝統食品由来の健康素材「黒大豆ポリフェノール クロノケア®」

古くから薬用に供されてきた「黒大豆」の良さの神髄を捉えたと考えています。

その黒色の種皮には、吸収されやすい低分子のプロアントシアニジン(低分子PA)というポリフェノールが特異的に多く含まれ、これが抗酸化、肥満抑制などの効果を発揮することを突き止めました(特許出願済み)。

さらに研究を重ね続けた結果、
2021年に「血管の柔軟性(しなやかさの)維持」「一過性の疲労感の軽減」2つの機能性表示食品の届出受理が実現。
伝統食品由来の、現代社会のニーズに応える健康素材として注目されています。

黒大豆中から0.2%得られる生成素材は「クロノケア®」として製薬・健康食品メーカーにご提供しています。

生薬として利用されてきた黒大豆種皮の力。

黒大豆種皮は、漢方薬の世界では古くから「黒豆衣(こくずい)」と呼ばれる生薬として利用されてきました。
古代中国の医学書『神農本草経』には、黒大豆が病気の治療に用いる食物として記載されています。また、日本では黒大豆の煮汁が、高血圧や糖尿病、喉に良いとされ、民間の健康食品として重宝されています。

【漢方における利用例】

  • 血流改善効果(活血)
  • 利尿効果
  • 風邪の予防(喉に良い)
  • 強壮
  • 目を明らかにする

基礎研究の成果の一覧へ

keyboard_arrow_up