女性活躍推進Promoted

フジッコは、女性の活躍を推進することが企業価値の向上につながると考え、2016年度から取り組みをはじめました。当初は、主任クラスの女性社員がテーマ別に小規模チームを作って活動していましたが、取り組みを全社に広めていくために2017年4月よりダイバーシティ推進室が主導で進めています。

フジッコの女性活躍推進

1

意思決定の多様化

組織の意思決定を行う立場にいる女性管理職を増やすことで、多様な視点・観点を取り入れた意思決定がなされ、フジッコに新たな展開がうまれることを期待します。

2

新しい価値の創造

女性ならではの商品開発や購買層の開拓など、女性の感性や特性を活かした取り組みを強化することで、競争力を高めていきます。

3

女性が働き続けたいと思う環境づくり

ライフイベントにより女性社員のキャリアが断絶されないよう、働き方改革や人事制度改革を推進して、貴重な戦力を確保します。

これらを実現するために、フジッコ女性社員のコミュニティを通じて様々な活動を行っています。

女性リーダー育成研修

リーダーとしての活躍が期待される女性社員に対してキャリア開発と意識開発を行っています。
管理職候補には役員との意見交換の場を設けて視野を広めるきっかけ作りを、また中堅リーダー層には他流試合により視野を広げるトレーニングを行っています。

育休・時短サポーター

人生の先輩がライフイベントに伴う不安や悩みについて話を聴き、アドバイスをします。
ワーキングマザーが活躍しており、「働きやすい環境づくり」をサポートしています。
また、男性育児休暇取得経験者の協力による「男性育休サポーター」制度もあります。

キャリアカウンセリング

心身ともにすこやかな状態で仕事に取り組める環境づくりに向けて実施している、社内のキャリアコンサルタントによるカウンセリング。育児休業者や男性社員にも展開しています。

2021年度の課題

  1. 心理的安全性のある職場づくり ~ すべての従業員が自分らしさを活かして活躍できる環境を整える
  2. 管理職のイクボス教育 ~ 従業員のキャリアビジョンやワークライフバランスを実現する
  3. 女性管理職候補者の育成 ~ 意思決定の多様化によるイノベーションの創出、企業価値向上を目指す

女性活躍推進法に基づく取組目標と行動計画(2021年4月1日~2025年3月31日)

【課題】

  1. 従業員に占める女性割合と比較して、管理職に占める女性割合が低い(5.1%)
  2. 男性従業員の育児休業取得者の割合が低い(詳細下表)

■育児休業取得率(2021年3月31日現在)

  男性 女性
正社員 38.5% 100.0%
非正規社員 0.0% 100.0%
全社 26.3% 100.0%

【行動計画】

  1. 管理職の意識改革、および女性従業員に対するキャリア形成等の機会創出
  2. 管理職のイクボス教育、および男性従業員に対する意識改革

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

従業員数(正社員のみ、グループ会社含む) 2021年4月現在

(単位:人)

  2019年度 2020年度 2021年度
合計 1077 1211 1172
男性 791 73% 854 70.5% 819 69.9%
女性 286 27% 357 29.5% 353 30.1
管理職 98 138 136
男性 96 98% 132 95.7% 129 94.9%
女性 2 2% 6 4.3% 7 5.1%

採用数 2021年4月現在

学卒(※大学院・大学・専門学校・高専を含む)

(単位:人)

  2019年度 2020年度 2021年度
合計 27 31 13
男性 15 22 9
女性 12 9 4

高卒

(単位:人)

  2019年度 2020年度 2021年度
合計 41 33 25
男性 17 17 12
女性 24 16 13
働き方改革
従業員一人ひとりの働き甲斐向上のため、「働き方改革」に取り組んでいます。
女性活躍推進
企業価値向上を目的に女性の活躍を推進しています。
仕事と家庭の両立支援制度
従業員の充実した社会生活実現のために様々なサポートを行っております。

フジッコレポート

事業活動及びESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みについての統合報告をデジタルブック形式・PDF形式でご覧いただけます。

最新のフジッコレポート

keyboard_arrow_up