カスピ海乳酸菌に関する研究Caspia

研究

「カスピ海乳酸菌」は「ねばり成分EPS」を産生します

EPSとはExopolysaccharide(エキソ ポリ サッカライド)の略で、乳酸菌がヨーグルトの発酵中に産生する物質のひとつです。EPSは糖が繰り返し結合した高分子の多糖で、「カスピ海ヨーグルト」の特長的なねばりのもととなっています。

カスピ海乳酸菌が作るEPSは、ヒトの消化液で分解されないことが確認されていますので、カスピ海乳酸菌とEPSはどちらも大腸まで届いて働くと考えられています。カスピ海乳酸菌やEPSについては様々な健康機能に関する研究が行われています。

keyboard_arrow_up