本多先生の常備菜コラム

vol.03
『食欲の秋』に、太らないお総菜はいかが?

サンマ・サバ・サケ・栗・柿・ブドウ・さつま芋などが旬を迎え、食欲も絶好調!!となると気になるのが、体重計の目盛り。何とか下降修正したいと思っている人も多いのでは??そんな人にオススメなのが、秋の味覚のひとつとして欠かせないキノコ。ローカロリーで食物繊維やビタミンB群が多いのが特徴ですが、最近では免疫力を高める作用なども注目されています。病気に負けない体の維持に大切なのが免疫細胞。その働きを活発にするのが、キノコに含まれるグルカン類です。キノコは旨味成分も多く、おいしく食べてもローカロリーなのも魅力です。キノコと昆布やゴボウなどの根菜を組み合わせた副菜があれば、噛むことによって脳の食欲中枢に信号も届き、満足感も味わえます。また、キノコのうま煮などの常備菜があれば、かき玉汁に加えたり、大根おろしと和えておろし和えにしたり、キュウリの酢の物に加えたりとローカロリー料理のレパートリーも増やせます。