栄養バランスチェックの楽しみ方

今晩の献立は決まりましたか?バランスの良い食事は健康の基本です。
今日の夕ごはん「献立バランスチェック」で、どのような献立を組み合わせれば栄養バランスがとれるのかをチェックすることができます。

チェックできる項目

総摂取カロリー:主菜/副菜のバランス:摂取される食品群:本田京子先生からのアドバイス

チェックの流れ

チェックの流れイメージ01
01 バランスチェックスタート!
スタートボタンを押してバランスチェックスタート!
チェックの流れイメージ02
02 STEP01 主食を選びましょう
画面下に主食の一覧が表示されます。
好きな献立のボタンの上でクリック(もしくはタップ)をします。
選択できる数は1つだけです。

クリックすると自動的にSTEP02に移動します。
変更する場合はSTEP01まで画面を戻り別の献立を選択してください。
チェックの流れイメージ03
03 STEP02 汁ものを選びましょう
画面下に汁ものの一覧が表示されます。
02 と同様に好きな献立をクリック(もしくはタップ)しましょう。
選択できる数は1つだけです。

クリックすると自動的にSTEP03に移動します。
変更する場合はSTEP02まで画面を戻り別の献立を選択してください。
チェックの流れイメージ04
04 主菜・副菜を選びましょう
画面下に主菜・副菜の一覧が示されます。
02 と同様に好きな献立をクリック(もしくはタップ)しましょう。
献立は3つ選んでください。
※主菜・副菜は混在して表示しています。どの献立が主菜なのか副菜なのか分かりますか?
チェックの流れイメージ05
05 確認画面
04 で献立を3つ選択すると自動的に確認ボタンに移動します。
A 選択した献立でOKなら →「今日の夕食はこれで決まり!」ボタンをクリック(もしくはタップ)
B もう一度考え直すなら → それぞれのSTEPに戻り別の献立を選択します。

結果画面について

※卵や牛乳、乳製品などは朝食や昼食で摂ったと仮定しています。

一言メッセージ-選択した献立に対しての一言メッセージ:あなたが選択した献立の摂取カロリーの合計:献立の分類:メニュー名:食品群の種類:選択された献立からおすすめのおかず畑シリーズの商品を表示します。:本多京子先生からのアドバイスが表示されます。:摂取される食品群をアイコンで表示します。

主菜とは?

メイン料理
肉や魚、大豆製品など、たんぱく質を多く含んだ食材を使った大きなおかずのことです。

副菜とは?

(サブ料理)(小鉢料理)
野菜、いも、海藻などの食材を使った小さなおかずのことです。小鉢は1皿70gの量が目安となります。
小鉢皿に盛り付ければだいたい70gの量が摂れます。副菜を選ぶポイントは、和えもの、酢のもの、煮物など、調理法の違うメニューにすることです。栄養バランスもカンタンに整います。

アイコンについて

献立の分類
  • 主食

    ・・・主食

  • 汁もの

    ・・・汁もの

  • 主菜

    ・・・主菜

  • 副菜

    ・・・副菜

食品群
  • アイコン:肉

    ・・・肉

  • アイコン:魚

    ・・・魚

  • アイコン:大豆

    ・・・大豆

  • アイコン:きのこ

    ・・・きのこ

  • アイコン:野菜

    ・・・野菜

  • アイコン:海藻

    ・・・海藻

  • アイコン:その他の豆

    ・・・その他の豆

食品群の表示について

今日の夕ごはん「献立バランスチェック」では夕ごはんの献立のみを対象として食品群やコメントなどを表示しています。
例)卵や牛乳、乳製品などは朝食・昼食の際に摂取するものとして、チェックの対象としていません。

監修

写真:本田京子先生
医学博士・管理栄養士
本多京子先生
医学博士・管理栄養士。実践女子大学家政学部食物学科卒業後、早稲田大学教育学部体育生理学教室研究員を経て東京医科大学で医学博士号を取得。
テレビや雑誌では健康と栄養に関するアドバイスやレシピを多数作成。
『塩分が日本人を滅ぼす』(幻冬舎)など著書はその他60冊以上。