更新 食育イベント!「第9回 丹波篠山で黒枝豆収穫体験」


10月14日(土)、小学生とその保護者の方21組41名をお迎えして、丹波篠山で黒枝豆収穫体験を実施しました。今回のイベントは、参加者の皆さんが6月24日(土)に作付けした黒枝豆の収穫です。

初めの挨拶

前日から天候を心配していましたが、篠山は雨も降らず予定どおり開始できました。

今年は9月に発生した台風の影響で一部畑が冠水したところもありましたが、黒豆は順調に生育しています。 講師の小島さん講師である専業農家の小島さんのお話の後、いよいよ収穫!

収穫

静かにもくもく収穫されている親子、カエルに夢中のお子さん、それぞれがんばっていました。

 収穫

今回は、収穫した株を1組ずつ量りました。

参加者の平均2.5㎏~2.8㎏の中、1位の方は3.39㎏、2位の方は3.25㎏☆

1位の方には黒枝豆1箱、2位の方には篠山産コシヒカリを小島さんからプレゼントしていただきました。

見事1位になったお子さんと講師の小島さん

前日までのぬかるみの中、小さなお子さんは足をとられながらも一生懸命に収穫。

袋いっぱいに収穫した黒豆を詰めて、とてもにこやかで満足されたように感じました・・・。

 

お待ちかねの昼食は、

黒枝豆ご飯、しし汁(篠山のいのししのお肉を使用)、採れたての黒枝豆♪

昼食

皆さん、とても美味しそうに食べてくれました。

黒枝豆ご飯は、さやも一緒に炊くと風味が増します☆

 

食事の後、時間にゆとりが出たので、急遽お子さんだけで豆つかみゲームを開催。

1番多かった人は30粒でした!

豆つかみゲーム大会

その後、お世話になっている豆卸業の小田垣商店さんを見学。

小田垣商店さんの見学

黒豆の選別を行う「手より」と呼ばれる作業から黒豆がどのように出荷されるのか出荷までの工程を学びました。「手より」の体験では、「傷があるものはお茶やきな粉などの加工品にされ、販売もしている」とのこと。 手より作業

長年黒豆の選別をされている従業員さんの軽快な手さばきに、お子さんだけでなく、お父さんもお母さんも目をまん丸にしていました。実際に「手より」を体験する時には、従業員さんの「ゆっくりでいいよ」という言葉に、お子さんたちは真剣に一つひとつ豆を選別していました。

手より作業②

見学後は、丹波黒の育成、収穫について説明いただき、黒豆についてのクイズも実施していただきました。

集合写真

最後は市街地を散策・・・。お祭りのお神輿も出ており、にぎやかな風景でした♪

次は12月の黒豆おせち料理教室、楽しみにお待ちください!

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL