更新 食育イベント「第5回 親子で昆布の味覚授業」×「シニアのためのふだんごはん」


3月12日(土)、第1部「第5回 親子で昆布の味覚授業」、第2部「シニアのためのふだんごはん」の講義と調理実習を開催しました。

食育プログラム

第1部「親子で昆布の味覚授業」では、小学生とその保護者13組26名をお迎えし、和食における「だし」の役割や、日本独特のだし素材である「昆布」の種類や味の特長、だしのひき方などを学んでいただきました。

また、日本人が食してきた‘ふだんごはん’で和食の基本である「一汁三菜」づくりに挑戦していただきました。

 

講師は、ミュシュラン2つ星 京料理「たか木」の高木一雄氏。近年では小中学校での食育や和食の海外普及活動にも力を入れ、「和食給食応援団」西日本団長も努められています。 高木さん

昆布の生育や栄養などについての講義は、弊社の商品開発担当者が行い、2種類の昆布を実際に触っていただきました。昆布を触って

昆布だけでとっただしと、かつおぶしを加えただしも試飲♪

昆布でだしをひく

昆布でだしをとる時は、沸騰しないように30分程煮出すと、しっかりだしがとれるようです!

昆布だしを飲み比べ

今回は、割烹着を着て調理します!調理風景1

調理風景3

楽しく調理【献 立】

主菜 :鶏肉と大豆、季節野菜の卵とじ

副菜①:ほうれん草のおひたし

副菜②:さくら鯛のとろろ昆布〆

汁  :根菜の白味噌仕立て 白玉もち 一汁三菜

高木さんは、食卓に旬の野菜を入れて欲しいと話されていました。 食事風景3

笑顔で

食事風景2

 

 

第2部「シニアのためのふだんごはん」では、24名をお迎えし、医学博士・管理栄養士の本多京子先生を講師に、シニアの方に必要な栄養の栄養講座と手軽に実践できる「一汁三菜」の調理実習を行いました。

本多先生

腸は「第ニの脳」と呼ばれており、免疫細胞が1番多く存在する場所とのこと。

腸は大切な場所なので、普段からのごはんが大事と話されました。

本多先生の講義

調理風景【献 立】

主菜 :トマトとサラダ豆のふんわり卵炒め

副菜①:菜の花とあさりの煮浸し

副菜②:ポテサライタリアン 本日のメニュー

 

この献立は、下記のサイトにも掲載しており、毎週金曜日に更新しています。

【一汁三菜 ふだんごはん】

http://www.fujicco.co.jp/ichijyusansai/36/

食事風景4

 

食事風景5一汁三菜を基本とする献立は、味付けや調理法を変えるだけで栄養バランスが自然に整います。そんなすばらしい「和食」を体感することで、日々の食生活を見直すきっかけにしていただければと思います・・・。

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL