更新 食文化の継承を!「第7回 親子で黒豆おせち料理教室」


こちらは6月の作付け、10月の収穫体験に続いての食育プログラム最終回です。

 

まずは収穫した黒豆とフジッコ商品を使った「おせち料理教室」。

食生活改善協会常務理事 金谷先生より伝統的なおせち料理についてのお話と、作り方の説明がありました。 金谷先生

美味しい黒豆の煮豆の作り方を学んだり、大根の飾り切りを間近で見たりと、貴重な体験にみんなは釘づけです!

金谷先生の講義そしていよいよ調理実習!普段作ることのないメニューで皆さん楽しそうです。

錦糸卵を焼いたり、ちらし寿司を盛り付けたりお子さまも楽しめる調理が盛りだくさん!

楽しく調理

親子で調理

でき上がり!おせち料理らしく豪華にできました♪

本日のメニュー自分で作った料理をおいしくいただきます親子で協力して作った料理は格別!美味しく楽しく頂きました。

 

続いて、作付け体験からお世話になっている小島さん(篠山市小多田生産組合顧問)による講義と手かち、手より作業です。

まずは黒豆の育成過程を小島さんから改めてお話して頂きます。

小島さんのお話

お話は農業全般の大変さや楽しさにも及びました。新鮮な野菜を食べて野菜が食べられるようになるお子さんは多いとのお話もあり親御さんも大きくうなずかれていました。

 

手かち、手より作業は黒豆をさやから取り出して、選別する作業。

手かち・手より作業

手かち・手より作業手かち・手より作業お子さん達は夢中で鞘から豆を取り出しました。水分量が多いものは出荷できない黒豆。適性は16~19%です。 手かち・手より作業

 

続いて、小島さんからのクイズとサプライズ!

小島さんからのサプライズ何が当たっても嬉しい野菜のプレゼント♪

小島さんからの野菜プレゼント

小島さんからの野菜プレゼント当たった野菜を嬉しそうに受け取るお子さん達の姿が印象的でした。

 

最後に黒大豆つかみゲーム大会を実施。お子さん対抗と親御さん対抗。

黒豆つかみゲーム大会お子さんより少ない数だと恥ずかしいかもと親御さんも奮闘されていました。 黒大豆つかみゲーム大会

 

食育プログラム第7回はこれで終了となりました。

次回の募集は、5月を予定しています。

 

来年以降も皆様に楽しんで食を学んで頂ける企画を続けたいと思っています。

 

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL