知る・楽しむ

現代人の食と栄養

私たちをとりまく食生活の現状について、さまざまなデータをもとに分析。健康な暮らしのために実践したい食習慣をみなさんと一緒に考えます。「食よく、バランスよく。」フジッコが目指す「新日本型食生活」の大切さをお伝えします。

日本人の健康寿命と食生活

2011年、日本人の平均寿命は世界一から転落。26年間、世界一の長寿だった女性はその座を香港に明け渡すことになりました。また長寿の一方で、問題になってきているのが「健康寿命」です。介護を受けたり、寝たきりにならず「健康」な状態で過ごす期間を長くすることが大切だからです。
自立して健康に生活できる「健康寿命」と「平均寿命」の差は2010年で男性が9.22年、女性が12.77年もあるのが現状。今や日本は世界的な「生活習慣病大国」であり、平成22年国民健康栄養調査によると肥満者(BMI≦25)の割合は男性30.4%、女性21.1%となり、男性は3人に1人、女性は5人に1人が肥満という時代を迎えています。
こうした生活習慣病、肥満の大きな原因となるのが食生活と運動不足。私たち日本人の「健康寿命」を伸ばすためにも食生活の見直しが必要とされているのです。

あなたの肥満度BMIをチェック!

あなたの「肥満度」をご存じですか?身長と体重を入力してください→あなたのBMIが計算できます。

身長(cm)
 cm※半角数字で入力して下さい。
体重(kg)
 kg ※半角数字で入力して下さい。

あなたのBMIは?

30~35 太り過ぎ
25~30 肥満
18.5~25 標準
22 理想体型
18.5以下 やせ
17以下 やせすぎ

※BMIとは:Body Mass Index の略で肥満を判定する体格指数。
体重(kg)÷[身長(m)]²で算出します。18.5~25が標準で、それ以上でも以下でも要注意。22が最も理想的とされます。WHOの定義では30以上を「肥満」としていますが、日本では疫学調査の結果25以上で弊害が2~4倍に達することなどから25以上を「肥満」としています。

現代型栄養失調にならないために

戦後、食の欧米化が急速に進んだ日本では、動物性たんぱく質や脂質が増え、逆に炭水化物や食物繊維の摂取量が減少しました。また、好きなものを好きなだけ食べられる現代では、栄養摂取量の個人差も大きくなりつつあります。野菜や果物に関しては、いずれも摂取目標量に達せず、特に若い世代は不足が目立ちます。かつて理想のバランス食と言われ、世界のお手本だった「日本型食生活」は崩れ、豊かさの中での現代型栄養失調を懸念しなければいけない状況になっているのです。今こそ各世代の人々が健康長寿のための食生活を考える必要があります。

野菜の世代別摂取量

果物の世代別摂取量

食生活はバランスを考えて

人生80年時代、一日3回として一生の間に摂る食事は87,000回以上と言われていますが、バランスを欠いた食事を続けていると生活習慣病に結びついてしまいます。1,000人もの食事を分析し、人間ドック検査の医学データと対照してみると、今の私たちに不足している食品は大豆、野菜、芋類。鉛や銅などのミネラルは80%程度しか摂れていないという結果が出ています。
また食物繊維不足が続くと免疫力が低下したり、生活習慣病を招きやすいので一日に男性は19g以上、女性は17g以上を摂ることが目標とされています。
食べやすく精製されて食物繊維、ビタミン、ミネラルが減少した食品を食べ続けているのも、栄養バランスの乱れとなる原因。大豆、昆布、根菜、乾物など、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な食品を食べることでカバーしていく必要があるのです。

食物繊維  男性19グラム以上  女性17グラム以上を目標に

理想は、主食+主菜+副菜。新・日本型食事を実践しましょう

日本食の特長は「主食」であるごはん(炭水化物)をベースに魚介類や大豆製品などの「主菜」、海藻や根菜、きのこ、豆類などの「副菜」をプラスすること。日々、ごはんを主食にすることが低脂肪食につながり、そこに豊富な食材を加えることで世界でも類を見ないバラエティー豊かな食生活を実現できるのです。
健康を維持するには日本の伝統食に、肉や卵など適度の動物性たんぱく質と乳製品からのカルシウムを融和させた「新・日本型食事」が理想的。特に不足しがちな微量栄養素を含む「副菜」は、主菜の2倍を食べるつもりで主菜:副菜の比率を1:2で摂るのが良いとされています。欧米で日本食が流行っているのは、健康づくりのため。世界が注目する日本食(和食)を見直して、時代に合わせた「新・日本型食事」を実践していきたいものです。

日本型食事ピラミッドを世界に!

子供達の食生活を守って、健康な未来へ

食生活の問題は社会的に弱い立場である子供たちにも及んでいます。肥満や生活習慣病の芽を抱える子供が増え、食生活の乱れから情緒不安定になったり「うつ状態」になってしまう傾向も問題視されています。中学生の心身の健康と食生活の関係を調査した結果によると「腹が立つ」などの感情を抱える子供は、食生活が良くないグループに集中していることが分かっています。

すべての世代でバランス重視の食生活をすすめよう!

幼児から成人、そして高齢者までバランスのとれた食生活こそ健康の源。そのため野菜、豆、海藻、きのこなど四季の恵みの幅広い食材から栄養素をバランスよく摂れる日本型の食生活が見直されています。特に未来を担う子供たちには、幼児期から本物の味を教えて健やかな成長に導きたいものです。
一番大切なのは、だしを生かした和食の智慧を取り入れながら、朝昼晩の食事をバランスよく食べること。カロリーや油脂の摂りすぎといった、現代人の食と栄養に及ぶ問題を改善するためにも、私たちフジッコは「新・日本型食事」という新しい食文化を創造していきたいと願っています。美味しくて、栄養バランスにすぐれた「ミール“バランス”ソリューション」を追求し、バランスのとれた食生活の実践をサポートしていきます。

知ろう!楽しもう!

  • 食育って?
  • フジッコの考える食育
  • 広がる!フジッコ食育活動
  • 現代人の食と栄養
  • おいしく学ぼう!食育授業
  • フジッコの和食給食応援団

体験しよう!参加しよう!

  • 食育ミュージアム
  • 黒豆食育体験イベント
  • まめっ子倶楽部
  • ヘルシー料理教室
知る・楽しむ
  • フジッコネットショップ
  • ブランドサイト一覧
  • キャンペーン・イベント情報
  • フジッコ愛情レシピ
  • メールマガジン「フジッコ通信」
  • フジッコフレッシュブログ