企業・IR・採用

5つのユニークポイント

私たちフジッコの魅力をコンパクトにまとめました。
私たちの企業としての魅力を知って頂ければ、幸いです。

持続的成長

創業以来の業績

フジッコは、1960年に「株式会社富士昆布」として創業しました。
以降半世紀以上の間、「あんしんのおいしさ」を永遠のテーマとして研究を重ね、「健康とおいしさ」を追求した商品を生み続けながら、成長し続けています。

成長の秘密

私たちが成長し続けることが出来ている理由。これを端的に申し上げることは非常に困難です。お客さま、株主さま、お取引先さま、地域の皆さま。多くのステークホルダーの皆さまに支えられて今日まで歩むことが出来ました。
また、食を扱う企業として常に重視し、こだわり続けてきたことがあります。

私たちのこだわり

「健康とおいしさ」へのこだわり[私たちは、お約束します。健康に害を及ぼすものは絶対にお届けしません。「おいしさ」の追求は絶対に怠りません。安全への配慮は絶対に欠かせません。]

フジッコの50年は開発と挑戦の歴史

遺伝子検出PCR検査 ふじっ子あんしんシステム

安心と安全に向けた取り組み

お客さまに安心して召し上がっていただくため、製品に使用する主原料には、遺伝子組換え作物は使用しません。そのため、遺伝子組換え外部検査機関の認証を受けるだけでなく、万全を期すために1999年からは社内でも遺伝子組換え検査を実施しています。

私たちは、豆や野菜など約160種類の穀物・野菜を扱っています。国内産、海外産問わず加工度の低いものを対象に、特に危険なものから一般薬まで300種類の農薬に関する残留農薬検査を実施しています。

2011年11月からゲルマニウム半導体検出器を導入し、使用水、原材料および製品の放射能物質検査を実施しています。2012年4月からは、より厳しい新基準に対応しています。

ふじっ子あんしんシステムについて詳しくはこちら
改善するチカラ

ロングセラー

私たちの製品のうち10年以上続いている製品数は157製品中95製品もあります。長くご愛顧いただくため、私たちはお客さまの声をお聞きし、品質やパッケージに小さな改善を積み重ねてきました。

10年以上続いている製品数95/158製品※2016年4月現在 ちいさな積み重ね「おまめさん」パッケージの改善

収益性の改善

2005(7.1%)→2015(8.5%)

昆布や豆といった主力事業で得られた収益をおかずやヨーグルトなどの成長事業に投資することで「成長と分配の好循環」を生み出すとともに、フジッコ独自の全社的な「コスト削減活動」に取り組むことで、収益性を大きく改善してきました。

売上高営業利益率
改革的な研究開発

「健康」と「おいしさ」をandで追求し続けている私たちにとって、「研究開発」というテーマはとても重要です。添加物等に悪影響を与える可能性のあるものを使わずに「おいしさ」を追求していくことはとても難易度が高いことですが、私たちの使命として日々研究をしています。
私たちの研究に関して重視して取り組んでいるポイントは、以下の2つです。

研究開発テーマと事業開発のマッチング

研究開発で重要なことは、研究の先に事業化・商品化があることです。そこで私たちは、研究開発部門とマーケティング部門をはじめとした事業開発部門との連携を強化しています。時代と消費者のニーズを洞察しながら、健康とおいしさの両輪をクリアする研究を進めています。

研究開発テーマと事業開発のマッチング 図 現在取り組んでいる研究開発テーマ

生産技術の研究

素材自体の研究を進めるとともに、それを事業化するための生産技術の研究も欠かせません。より良い商品をつくり、お届けするために、私たちは革新的な技術を追究しております。

発酵は、太古から利用されている、生きた菌を利用する生産技術です。さまざまな素材(原料)で可能性があり、素材自体が持つ栄養を引き出すのに効果的な手法です。

新しい加工技術の探索調査を行い、時代のニーズに合致する商品を生み出す技術開発を行っております。

今後の可能性

世界的な健康志向時代

昆布や豆をはじめとする日本の伝統食材を使用した「おかず」は日本人の長寿を支えてきた健康食。「ヨーグルト」もまた、健康に良いと世界中で注目され続けている食品です。私たちフジッコは、日本の「おかず」と西洋の「ヨーグルト」を製品として合わせ持つ数少ない食品メーカーのひとつです。

高齢化社会と介護食

社会の高齢化の進行とともに介護食の重要性はますます高まっています。私たちの介護食「ソフトデリ」は、見た目や味は通常のものと変わらないまま、驚くほどやわらかくて食べやすい介護食です。今後は、介護施設や病院だけでなく在宅介護者向けにも需要が見込まれます。

高齢化社会と介護食

通信販売事業の成長

1999年から開始した通信販売事業は、私たちの"食を通じて健康をお届けしたい"という想いとともに成長を続けてきました。乳酸菌や大豆イソフラボンなどについての長きに渡る研究から生み出された健康食品をお届けする販売チャネルとして、通信販売事業は更なる飛躍が期待できます。

通信販売事業の成長