うまミネラルチャージ

  1. ふじっ子塩こんぶホーム
  2. 取り組み・食スタイル提案
  3. うまミネラルチャージ
  4. 脱水だけじゃない。運動中に起こる危険なナトリウム不足を簡単予防

脱水だけじゃない。運動中におこる危険なナトリウム不足を簡単予防

毎週末、全国で数多くのスポーツ大会が開催されています。スポーツマンが、健康的で怪我なく、楽しく長く運動を続けるためには日々の食事や栄養、運動中のナトリウム補給を学ぶことも必要です。

怖い体内の水分不足予防に
ポーチへ塩を携帯。

意外と知られていませんが、意識の高いスポーツマンは塩を携帯しています。ランナーは塩や塩のタブレットなどポーチに入れて走っています。少年野球チームでも、塩こんぶを常備しています。水分だけ補給していると深刻なナトリウム不足が起こるリスクがあるからです。

脱水やナトリウム不足は、足の痙攣だけでなく、最悪の場合、命の危険にもつがなる恐れがあるので注意が必要です。

check

“ごはんのおとも”として親しまれている塩こんぶを“運動のおとも”として活用している選手や指導者が増えています。塩こんぶは、旨味があるので食べやすいと好評で、塩や塩タブレットにかわる食材として注目されています。

塩こんぶを絆創膏みたいに
携帯して

管理士・医学博士本多京子氏は、手軽な塩以外の塩分補給に塩こんぶをおすすめする理由として「適度な塩分とうま味で食べやすいので続けやすいと思います。運動前に多めに塩こんぶを入れたおにぎりと水分補給。休憩のときに塩こんぶをつまむ習慣もいいと思います。いざという時のために、スポーツをする方はポーチに入れておくとよいでしょう」とお話されています。

日々のトレーニングや子どものスポーツの時にも

無風で晴れた日のスポーツは、脱水、筋肉のつり、※ハンガーノックが増えます。その原因は運動前および運動中の水分、ミネラル、糖分の補給不足にあります。スポーツの時だけでなく日々のトレーニングにも塩こんぶを活用してください。こどもの少年野球やサッカーには、お母さんが持たせてあげてください。吸収されやすいのでシニアにもおすすめです。」とアドバイスしています。

※ハンガーノック:激しく長時間に渡るスポーツの最中に極度の低血糖状態になり体に力が入らなくなる症状

神戸マラソンランナーに「うまミネラル塩こんぶ」について伺いました

毎年神戸マラソンにて、30km地点のエイドステーションでフジッコの「塩こんぶ」がランナーに配布され大好評です。

一番つらい30km地点での塩こんぶ補給は非常に助かりました。どんなスポーツでも塩こんぶなら手軽においしく塩分補給出来ると思います。(20代 男性)

神戸マラソンなどでは、糖分が補給できる食べ物は多く用意されているが、塩分が補給できるものは少ないのでありがたい。(30代 男性)

フルマラソンの後半は塩分補給が必要。塩こんぶは普段好きで食べているから、食べやすくてちょうど良い。(50代 男性)

足がつるのでマラソン中、塩分は意識して摂るようにしています。塩こんぶでの塩分チャージはこの大会で初めて。驚くほど美味しいから続けたい。新しいミネラルチャージですね。(30代 女性)

ナトリウム不足はランナーに大敵。塩こんぶなら無理なく、簡単に手軽にナトリウムが補給できます。
ランナーたちにとって、補食のバリエーションとしても、塩こんぶが有用であることがうかがえます。

暑さ対策に適度な水分補給と
ひとつまみの塩こんぶで
うまミネラルチャージ!!

商品一覧はこちら

うまミネラルチャージ!!トップへ

熱中症予防声かけプロジェクト~ひと涼みしよう~

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。
フジッコ株式会社は、熱中症予防声かけプロジェクトに賛同しています