フジッコの取り組み

黒豆あんしんの判別技術開発

フジッコの丹波黒黒豆 あんしんの判別技術開発

ふじっ子あんしんシステム

フジッコでは、遺伝子情報を活用した(※)丹波黒系統の判別技術、微量成分分析による国内産と中国産の原産国判別技術の開発を行っています。確かな品質と科学的データに基づいたあんしんをお届けします。

※:丹波黒系統・・・府県の各農業機関で種子管理が行われている系統。フジッコではこれらを判別の基準としています。

もちろん、ふじっ子あんしんシステムにより、遺伝子組換えや残留農薬の自社検査も行っています。

品種「丹波黒」とは

「丹波黒」は品種名で原産地を示すものではありません。長い栽培の歴史の中でそれぞれの地域の環境条件に適応したさまざまな系統があると考えられています。

判別技術開発

フジッコでは、「遺伝情報を活用した丹波黒系統の判別」、「微量成分分析による丹波黒の原産国判別」技術を開発し、フジッコが使用する原料の確認に活用します。