フジッコ株式会社

FUJICCORECRUIT 2022

トップページ キーワードで知るフジッコ

ABOUT

KEYWORD

キーワードで知るフジッコ

フジッコが大切にしている7つのキーワード

KEYWORD01

ベンチャースピリッツ

約60年前に社員3名で創業した富士昆布(現フジッコ)。当時は製造機1台にてとろろ昆布の製造からスタートしました。資金・人員・生産設備が不足する中、当時急成長していたスーパーマーケットでの販売に対応できるようにとろろ昆布を袋詰にしたことがフジッコの発展の分岐点となりました。60年経った今でも当時のように時代の流れをキャッチし、常にベンチャー精神を忘れず、創造性を発揮し、新しい分野、新しい技術にチャレンジしていく・・・・これがフジッコのDNAなのです。

KEYWORD02

創造一路 Always Be Creative

創造一路はフジッコの社是であり、社業において根幹となる言葉です。創業者である山岸名誉会長(故人)が1980年に定めました。この言葉は、たとえ困難なことがあっても「創造」の道を一心に極めることで現状を打破することができるという教えです。仕事や商品を創造することを通じ、自らの人生を創造してほしい、という願いが込められています。英語表記の「Always Be Creative」の頭文字「ABC」は物事の初歩や基本を示す「イロハ」に繋がっています。フジッコ社員はこの創造一路の社是を常に心に持ち、現状に止まることなく、常に挑戦し続けています。この言葉こそが、新しい商品、新しい技術、新しいサービスを生み出す根源となっています。

KEYWORD03

消費者志向 自主宣言

創業当初よりフジッコが大切にしてきたのは、食の安全と安心。常に健康とおいしさを意識し、素材の良さや無添加保存技術にこだわったサービスと商品を提供してきました。「お客様の生の声」に真摯に耳を傾けて商品の改善改良に努め、また原材料の残留農薬の検査結果を確認できる「ふじっ子あんしんシステム」をホームページ上に公開するなど、さまざまにチャレンジしてきました。さらに2017年には「消費者志向自主宣言」を発表、よりお客様目線に立ったブランド作りを推進し、多くの人々にただ便利なだけでなく安心安全な食生活を提供するための取り組みを継続しています。

KEYWORD04

トップシェア

フジッコは昆布と豆のリーディングカンパニー。昆布製品45%、豆製品41%ものシェアをいただいています。この圧倒的なシェアは、地道に安心安全の商品作りを貫き、時代の変化に対応するもの作りを継続してきた賜物と自負しています。フジッコは、リーディングカンパニーとして、大きな責任を担っています。体に良い伝統的な食材として親しまれてきた昆布や豆の価値を伝えていく大きな使命があります。どうしたら、この万能食材である豆や昆布をより食べていただけるのか・・・どんな健康効果があるのか?どんな味付けが好まれるのか?どうすればよりお客様に健康の情報を伝えられるか?フジッコは全社員がシェアNo.1メーカーとしての責任を果たすために、さまざまな課題に取り組んでいます。

KEYWORD05

商品開発力

昆布や豆からヨーグルトまで。フジッコの開発領域は多岐に渡ります。長くお客様から愛されるロングセラー商品を開発することは簡単なことではありません。技術や素材の機能性研究などのシーズ面は優れていても、お客様のニーズを捉えていなければ商品としては生き残れませんし、その逆も然りです。ヒット商品を生み出すにはシーズ・ニーズ双方を満たす必要があるのです。フジッコは、マーケティング・商品開発、研究開発が神戸本社内にあり、三位一体となって、より良い商品づくりに取り組んでいます。さらに、本社内にはミニプラントがあり、各部署が連携し生み出した新商品の試作において、スケールアップテストを即座に実施できる設備も完備しています。このようにソフト、ハード両面において、新商品開発に適した環境があるのがフジッコの強みです。

KEYWORD06

大豆イソフラボン

「畑の肉」と呼ばれる大豆が秘めていた天然成分・大豆イソフラボン。今や美容と健康を語る上で欠かせない栄養素ですが、存在自体は古くから知られていました。実は、その実用化にはじめて成功したのがフジッコ。開発のきっかけは、お客様からのとあるお問い合わせでした。1990年代には健康効果の証明と水溶化に成功し、イソフラボン効果では初となるトクホ(特定保健用食品)の許可を受けた商品「大豆芽茶」を発売します。さらに、2003年から京都大学農学研究科育種学研究室との共同研究に着手。8年の歳月をかけてイソフラボン高含有大豆品種の開発に成功しました。

KEYWORD07

食育

食育とは正しく健全な食生活を学び、実践できる人間を育てること。今こそしっかり向き合うべき課題です。フジッコでは日本の伝統的な食材を取り扱っていることもあり、「食育基本法」が公布された当初より食育活動を精力的に行ってきました。「健康創造企業」を企業理念に掲げるフジッコでは、何よりもまず販売している商品そのものが「食育」への提案です。現代人に不足しがちな豆類、海藻類、根菜類といった手間がかかり、調理するのがむずかしい食材を、いつでもおいしく召し上がっていただけるフジッコの製品は食卓に一品加えるだけで栄養バランスをぐっと高めてくれます。ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」のおいしさと魅力を楽しく伝え、食文化の継承を促していきます。

PAGE TOP