フジッコの介護食 ソフトデリ SOFT DELI

  • 小
  • 中
  • 大
  • フジッコWEBサイトへ
  • フジッコ

法人のお客様はこちらをご覧ください

  • ソフトデリ トップ
  • ソフトデリって?
  • 商品ラインナップ
  • ニュース・トピックス
  • お客さまの声
  • よくある質問

フジッコホームページへ > ソフト食トップ > ソフトデリとは


ソフトデリとは


フジッコの介護食『ソフトデリ』とは?

驚きのやわらかさ! 『ソフトデリ』煮豆「やさい豆」 『ソフトデリ』煮豆「きんとき」 『ソフトデリ』漬物「赤しば漬」 『ソフトデリ』漬物「つぼ漬」

『ソフトデリ』はかむ力が弱くなった方に適応する商品です。
かむ力が弱くなり、通常の硬さの食べ物が食べにくくなった方や食事介助が必要で咀嚼そしゃく困難な方の“介護食”です。
「見栄え」は通常の商品と全くかわりません。
やわらかさ、のどすべりのよさ、口の中でのまとまりやすさを十分考慮しています。


技術紹介

熱と圧力で素材を軟らかくしています。「圧力鍋」と同じ要領で最適な条件を組合せます。
素材のもつ本来のおいしさを大切に追求しています。

品質管理

テクスチュロメーター画像

官能検査で硬さのチェックをおこない、「硬さ」の基準に合致しているかどうかテクスチュロメーターで測定しています。
テクスチュロメーターは食品の硬さを数値化できます。


「ソフト食」と『ソフトデリ』

黒田留美子氏
黒田先生ホームページへ
黒田先生ホームページへ外部WEBサイトへのリンクです

3つの定義:食べ物のやわらかさ『硬さ』、まとまりやすさ『凝集性』、のどすべり『付着性』




かむ力が弱くなったご高齢者様に多くの施設や病院で「きざみ食」「ペースト食」の介護食が提供されてきました。しかし、これらは見栄えが悪いために食欲が進まず低栄養に陥りやすい、肺炎の原因となる誤嚥をおこしやすいといった問題が指摘されています。
誤嚥(ごえん)とは本来は食道を通って胃の中に入らなければならないものが誤って気管内に入ることです。
 
この問題を解決するため、現在注目されている介護食が農学博士・黒田留美子氏が提唱されている「黒田留美子式高齢者ソフト食」(以下「ソフト食」)です。通常の食事とほとんど変わらない見栄えで、
・食べ物のやわらかさ(硬さ)
・のどすべり(付着性)
・まとまりやすさ(凝集性)
に配慮された食べやすい介護食です。同氏が提唱される「黒田留美子式高齢者ソフト食」に共感し、開発した商品がフジッコの介護食『ソフトデリ』です。


ソフト食の基準

黒田氏らの長年の研究によって、高齢者や摂食障害をお持ちの方の様々な症状に合わせてソフト食の「硬さ」や「口の中でのまとまり」は段階的に調整されています。
それらをまとめた基準が「黒田式フードスケール」です。フジッコのソフトデリも、フードスケールを参考にしながら商品開発・品質設計を行っています。ぜひ、商品選びの参考にご覧ください。

『フードスケール』の図

拡大画像はPDFファイルをダウンロードしてください。(394 KB)PDFファイルダウンロード

食べる方の状態は代表例であり、必ずこの範囲に当てはまるとは限りません。区分の目安として下さい。

冷水3mlを口腔前庭に注ぎ、嚥下してもらうテスト方法。嚥下の状態や嚥下後の声などで、飲み込む力を判定します(専門家指導の下で行って下さい)。

新しい介護食品(スマイルケア食)の選び方

この度、農林水産省では「新しい介護食」の愛称を「スマイルケア食」に決定いたしました。農林水産省では、これをフローチャートにした選び方を作成し、更なる検討を進めているところです。
このフローチャートは農林水産省のホームページ に掲載されており、フジッコのソフトデリもこのチャートから適切な商品を選んでいただけます。

『新しい介護食品(スマイルケア食)の選び方』の図


フジッコの介護食『ソフトデリ』のメリット

『ソフトデリ』のメリットの図



ソフトデリとは

  • ソフトデリとは
  • 介護食のエキスパート
  • ご利用者の声
  • 管理栄養士がお答えします


Copyright © Fujicco All Rights Reserved.