ふじっコラム

  1. ふじっ子塩こんぶホーム
  2. ふじっコラム
  3. 仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

「フジッコタイム」の番組取材で「桃太郎トマト」を求めて岡山県新見市を訪れました。岡山県でも県北に位置する新見市とは、どんなところなのでしょうか?

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

新見インターから約40分。山道をくねくねと登り清流も横目にしながら、鳥取県との県境までやってきました。標高が高いから新見市は涼しいですね!と出演者の皆さん。周りは山間に田園風景。爽やかな風が吹き抜け、空気がとってもおいしいです。美味しい野菜に出会えそうだと期待が膨らみます。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

笑顔がとっても素敵な生産者の橋本澄男さんと奥様の妙子さんです。新見市で「桃太郎トマト」を育てて22年のベテランです。おふたりはとっても仲が良く、収録中は馴れ初めや夫婦円満の秘訣についても教えていただきました。長い間自然に囲まれて一緒にいると、多くを話さなくても分かり合える関係になれるそうですよ。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

トマトを栽培しているハウスにも伺いました。この立派なトマトを見てください!はじけそうなしっかりとした実に、茎も背が高く、家庭用のトマトでは見たことのない太さです!この立派なトマトを育てるには、まず秋の収穫後の土作りが欠かせないそうです。化学肥料をできるだけ減らし、鶏糞やカヤ・ヨシ・ワラなどの有機的な肥料を多く使って栄養たっぷりの土壌を作ります。

トマトの旬の時期になると終日収穫作業が続き、なんと1日に1600キロも収穫するそうです。大変な作業ですが、トマトを自分の子どものように愛情を込めて育てているので、収穫が終わるとその苦労も吹き飛んでしまうそうです。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

大自然に囲まれながら、料理名人の奥様妙子さんとベジアナ小谷さんに、桃太郎トマトとふじっ子を使った料理を2品作っていただきました。詳しいレシピは下記をご覧ください。
https://www.fujicco.co.jp/fujiccochan/report/okayama03.html

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

トマトをカットすると、断面からもトマトのみずみずしさと溢れる果汁が伝わってきます。桃太郎トマトは甘みと酸味のバランスのとれた味わいが特徴。私も食べさせていただきましたが、甘すぎず酸っぱすぎずちょうどよい味わいで何個でも食べられそうでした。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

桃太郎トマトのパッケージには桃太郎の絵柄が!岡山といえば、昔話「桃太郎」ですよね。だれもが知っている桃太郎の名前に、手にとっていただきやすい商品になったと橋本さんに紹介していただきました。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

こちらは奥様の家庭菜園です。本業のトマト栽培とは別に、こちらで季節の野菜を育てるのが楽しみなのだそうです。今はナス・キュウリ・プチトマトなどを育てていて、大きなスイカもごちそうしていただきました。美味しい空気と自然豊かな環境で、きっとどんな野菜もすくすくと育つのでしょう。お土産に新鮮な桃太郎トマトもいただきありがとうございました。

仲良し夫婦の愛情たっぷり!岡山県新見市「桃太郎トマト」

いただいたトマトを使って、私も料理を作ってみました。「ふじっ子と桃太郎トマトのブルスケッタ」です。作り方はとっても簡単です。
【材料】2人分
減塩ふじっ子(塩こんぶ)   大さじ1(約6g)
桃太郎トマト         1個
アボカド           1/2個
バケット(スライス)     6枚
【作り方】
(1)桃太郎トマトはヘタを取り除き、アボカドは皮と種を取り除いて、どちらも約1cm角に切る。
(2)ボウルにふじっ子(塩こんぶ)、①のトマト、アボカドを入れてさっくりと混ぜて和える。
(3)バケットを軽く焼いて、②をのせていただく。

見た目も色鮮やかな1品になりました。桃太郎トマト・アボカド・塩こんぶのそれぞれの個性を生かしつつ、とってもマイルドな口当たりです。調味料を入れなくても、塩こんぶの旨味で味に深みがあります。バケットは周りに少し焦げ目が付くくらいで、焼きすぎないのがポイント。バケットのサクッとかるい食感と具のさっぱりとした味わいは朝食にぴったりです。和えてのせるだけでとっても簡単に作れるので、ぜひご家庭でお試しください。