ふじっコラム

  1. ふじっ子塩こんぶホーム
  2. ふじっコラム
  3. ホクホクあったか炊き込みごはん!「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

ホクホクあったか炊き込みごはん!「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

10月の週末は台風続きで外に出かけられませんでしたが、11月はたくさん外出して秋をもっと楽しみたいですね。 また、気温もぐっと下がって寒くなってきたので、そろそろ冬物のコートも必要です。寒い日こそ、あったかごはんが食卓に並ぶと嬉しいですよね。

さて、これから旬を迎える野菜は、「長いも」です。夏場は、短冊切りにして生のまま食べると、シャキシャキした食感がたまりませんね。また、すりおろせばねばねばの「とろろ」になり、ごはんやうどんなど温かいものにかけて食べると食が進みますね。栄養としては、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。

ホクホクあったか炊き込みごはん!「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

実は、長いもに、熱を加えるとホクホクした食感に早変わり。今回は、炊き込みごはんの具材として旬の長いもを入れて作る「長いもの炊き込みごはん」をご紹介!

「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

【材料】2人分
長いも         1/4本(200g)
ホタテ貝柱(缶詰)   1個(50g)
米           2合
ふじっ子塩こんぶ    20g

【作り方】
(1) 米をとぎ、30分程度浸水させる。
(2) 長いもの皮をむき、太めの短冊切りにする。
(3) (1)に(2)とホタテ貝柱を加えて炊飯する。
(4) 炊き上がったら、ふじっ子塩こんぶを加えて混ぜる。

ポイントは、炊き上がった後に、ふじっ子塩こんぶを加えることです。そうすることで、塩こんぶの食感も残しながら、簡単に味付けができます。長いもは、ごはんと一緒に炊くことでホクホクした食感へ大変身。ホタテ貝柱を加えることで、魚介の旨みもしっかりごはんに染み込みますよ。

「長いもとホタテのふじっ子炊き込みごはん」

さらに、長いもをすりおろしてごはんにかけると、とろろの食感も楽しめてちょっと贅沢な炊き込みごはんになりますよ。
秋は炊き込みごはんの具材をいろいろ変えて、楽しいひと時を過ごしましょう!!