ビーンズキッチン「蒸し大豆・蒸し黒豆」で
カンタン・おいしい手作り”手Myみそ”

日本人の食卓に欠かせないみそ。
昔は自家製のみそを作ることが多く、おいしく作るための工夫や趣向をこらすことで、各家庭で違った味になりました。

「手前味噌ですが・・・」というフレーズをご存知ですか?
今、自家製みそに再び注目が集まっています。そんな手前味噌を、ビーンズキッチン「蒸し大豆・蒸し黒豆」でカンタンにおいしく作ることができます。

自分だけの「手My(マイ)みそ」を作って、お友達や知り合いに自慢し合うのも楽しいかも!
”メークみそ”であなた自身もMake Me so Happyに!!

手Myみそを使ってヘルシーで充実した食卓を!

ビーンズキッチン
蒸し大豆・蒸し黒豆は・・・

大豆選びの手間いらず

品質の高い国産大豆が使用された市販の蒸し大豆を使うことで、素材にバラつきのない、安全・安心、しかもおいしい手作りみそを作ることができます。

面倒な下処理いらず

品質の高い国産大豆が使用された市販の蒸し大豆を使うことで、素材にバラつきのない、安全・安心、しかもおいしい手作りみそを作ることができます。

手Myみその作り方

材料(仕上がり1kg分)

蒸し大豆の場合
  • 蒸し大豆:5袋(約500g)
    ※お料理だいず水煮の場合:3袋(約500g)
  • 乾燥糀:200g
  • ぬるま湯または水:100ml
  • 塩(仕込み用):125g
  • 振り塩:25g

水煮でもOK

蒸し黒豆の場合
  • 蒸し黒豆:8袋(約500g)
  • 乾燥糀:200g
  • ぬるま湯または水:100ml
  • 塩(仕込み用):125g
  • 振り塩:25g
  • 種みそ(麦みそ不可):50g

1米糀の準備

  • 乾燥糀200gをボウルに入れて、ぬるま湯または水を100ml加えます。

  • きれいな乾いたしゃもじかスプーンで、全体に水分が行き渡るように底からしっかり混ぜます。

  • 表面を平らにならし、表面の乾燥を防ぐためにラップをします。

POINT

底に水がたまるようでしたら、1~2回混ぜて下さい。
20分程ででき上ります。その間に「2.大豆をつぶす」作業をしましょう。

2大豆をつぶす

この工程はフードプロセッサーでも可能です。

  • 蒸し大豆を丈夫なジッパー付きのポリ袋に入れます。

  • 麺棒を使い、袋の上から蒸し大豆をつぶしていきます。麺棒を縦横に使いしっかりつぶします。

  • 蒸し大豆をつぶし終わりました。

3米糀と塩を混ぜる

  • もどした米糀のラップをとり、仕込み用の塩125gを混ぜ合わせます。

    水煮の場合!

    水煮の場合はひとつまみ程度多めに入れてください。

  • 米糀全体に仕込み用の塩が行き渡るよう、しっかりと混ぜてください。混ぜムラがあると、カビが生えやすくなります。

  • 仕込み用の塩が全体によく混ざりました。

4仕込み

  • つぶした蒸し大豆、仕込み用の塩を混ぜた米糀、種みそを大きいボウルに入れて、しっかりと混ぜます。

  • 底の方から何度もひっくり返しながら混ぜましょう。手のひらで、またはグーでもOK!手に負担がかからない方法で、しっかりと混ぜてください。

POINT

種みそは既にでき上っているみそのことです。種みそを加えると味噌の発酵のスターターとして働き、よりスムーズに発酵が進みます。
ここでも、混ぜムラがあると、カビが生えやすくなります。

5みそ団子を作る

  • 大豆と米糀がしっかりと混ざったら、空気を抜くイメージでひとかたまりにまとめます。

  • きれいな乾いたしゃもじかスプーンで、大き目のおにぎりサイズを目安に切り込みを入れます。

  • 楽しいみそ団子作りです。ボウルについた仕込みみそも、みそ団子にくっつけて集めながら作りましょう。あと一歩で完成です!

6容器に詰める

  • みそ団子をお好みの容器に詰めます。空気が残った場所はカビが生えやすいので、なるべく空気が入らないように角からしっかり詰めます。

  • 表面を平らにならします。

  • 「振り塩」を表面全体にまんべんなく隅の方までかけ、その上からみその表面が空気に触れないようラップをして、フタをします。

POINT

大きな容器への仕込みの場合は 少し重しをした方が発酵が順調に進みます。

7熟成

熟成

あまりフタは開け閉めせずに、じっくり熟成させましょう。温度変化が少なく、風の当たりにくい場所で6ヶ月前後ねかせると、おいしいみそのできあがりです。

POINT

気温や温度変化などにより、発酵の進み具合は大きく異なります。ご自身のお好みの色や味わいにぴったりの「Myみそ」を見つけて下さい!