更新 フジッコのワイン「フジクレール」のご紹介


フジッコワイナリーはフジッコグループのワイン部門です。

私たちフジクレールは「良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によって、育まれるブドウの個性を素直に表現したものである」という信念を持ち、日本のワインでしか表現できない個性を追求しています。

ワイナリー外観

そしてたどりついたのが和食の繊細さを活かすべく、「調和のとれた上品な味わい」のスタイルです。「適品種・適所」の理念のもと、自社畑の他に信頼できる葡萄農家と栽培契約を結び、丁寧な葡萄造りを行っています。

 

「はじめにブドウありき」を合言葉に、「目指すワインに合った葡萄造り」「葡萄の良さを引き出す醸造」を行います。その成果は、それぞれの風土をいかした産地の個性が際立つ、質の高いブドウの育成と、「フジクレール」ならではの味わい・キャラクターへとつながっています。

 

高い品質の葡萄が高い品質のワインになる。この実現のために、契約農家様にも志を共にして頂き、愛情と徹底した管理を行い、収穫時期はワインメーカー自らが全ての畑を回り、最適収穫時期を決定しています。

甲州ぶどう

収穫した葡萄はワイナリーで一粒一粒選び醸造へ向かいます。フジクレールを通して「日本が世界的にも優れた個性を持ったワイン産地として認められること」、そして「日本ワインがその生産国である日本において、愛され親しまれること」を目指し、日々より良いワイン造りを目指して努力を続けています。

 

 

*日本産ワインの評価のバロメーターとも言える「日本ワインコンクール」は今年で15年目の開催になりました。日本には300程のワイナリーが存在しますが、私たちフジクレールワインは直近の5年の金賞受賞実績は日本で6番目と大変高い評価を頂いています。

 

そして今年のコンクールで私たちは自慢の12作品をエントリー。

 

今年の全エントリーワインは726作品で
『金賞』26作品
『銀賞』76作品
『銅賞』186作品
『奨励賞』27作品

本年のフジクレールワインの受賞結果は12作品エントリーの内、9作品が栄えある受賞を獲得致しました。
ALL日本のワイナリーの中で金賞を受賞できたのは僅か16社。
フジクレールの受賞率はトップクラスで、トップソムリエからも高い評価と賞賛のお言葉を頂きました。

 

〔フジクレール受賞実績〕 

 金賞:甲州シュールリー2016

甲州シュールリー2016

 

 銀賞:メルロー隼山2016
 銀賞:甲州スパークリング2016
 銅賞:シャルドネスパークリング2016
 銅賞:カベルネソービニヨン2016
 銅賞:マスカットベリーA樽熟成2015
 銅賞:マスカットベリーAラシス2016
 銅賞:甲州シュールリー東渓2016
 奨励賞:マスカットベリーA樽熟成2016

 

受賞を逃した「メルロー2016」も瓶熟成を静かに一年行えば受賞間違いなしのポテンシャルとの評価を受けました。当社お勧めは、何故受賞できなかったのか不思議でならない「甲州樽発酵2016」、瓶熟成を経て穏やかに成長した2016年のコンクールの銀賞受賞ワイン「甲州シュールリー2015」です。

「信ずる者は心豊かになる」

樽熟成

【ミニ情報】

※ワインはできるだけ一人で飲まないで下さい。ワインは食事を楽しんだり、会話を弾ませたり、ゆったりと楽しむお酒で「人と人を繋ぎ合わせる、そんな力を持っています」

一日グラス2杯のワインは美容にも健康にもとても良い影響を与えてくれ、心豊かになるひとときを過ごさせてくれます(それ以上飲むとアルコールの「害」や果糖による影響が優先されてしまいますのでご注意ください)

 

【ミニ情報2】

※ワインは「明かり」「臭い」「温度変化」「振動」を嫌います。

大事なワインならセラーで保管ください。

セラーは冷蔵庫のように微振動するものは避け、扉の開閉を極力少なくして庫内の温度変化発生を避けましょう。

フジッコワイナリー売場

 

皆さまのご支援もあり、年々魅力的で素敵な作品をお届けできるワイナリーに成長中です。

これからもご愛飲と応援をよろしくお願いいたします。

フジッコワイナリーご紹介

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL