更新 食育イベント!「第9回 丹波篠山で黒豆作付け体験」


6月24日(土)、小学生とその保護者の方22組44名をお迎えして、丹波篠山で黒豆の作付け体験を実施しました。食育活動の一環で、秋には収穫、冬には料理教室も体験していただきます。

 

梅雨の時期ですが、この圃場は約2週間雨が降らず、作付の2日前に雨が降ったところでした。当日は朝からいいお天気で、 雨を心配することなく作付を迎えることができました!

小島さんのお話

まずは専業農家の小島(おじま)さんより説明いただき、播種(はしゅ)作業と言われる種まきを体験。

播種体験1

豆の割れ目から根が出てくるので、その部分を下に向けて、一粒ずつ丁寧にまいて苗を作ります。

播種体験2

きれいにできました

次にじゃがいもの収穫体験。

「きたあかり」という品種のじゃがいもを収穫しました。「きたあかり」は北海道でツニカと男爵芋をかけ合わせてできた品種で男爵芋に似ています。形は楕円形をしており、果肉は男爵よりも黄色く、甘さが強いので栗じゃがいもとも呼ばれています。

じゃがいも収穫1

大きなじゃがいもを見つけだした子ども達は、「わ~、大きい!」と嬉しそうに親御さんに見せてあげていました。 じゃがいも収穫2

お昼は、トマトと大豆のカレーなど地産地消+フジッコ商品を使ったメニューで、最後の仕上げは自分達で行いました!

親子で調理2

レシピはこちら↓↓

http://www.fujicco.co.jp/know_enjoy/shokuiku/voice/kuromame_sakuduke_lunch.html

親子で調理

昼食後には、野菜の葉っぱを見て野菜を当てる“野菜当てクイズ”にも挑戦!

野菜の葉っぱ当て1

今回は全問正解者が3名もおられ、小島さんから獲れたての野菜をプレゼントしていただきました♪ 全問正解者

午後からは畑に苗を植える「定植」作業。

黒豆の苗左は種を蒔いて1週間、右は15日後

 

小島さんより「苗の一番根に近い子葉の根元まで土に入れて」と指導のもと、種をまいて15日後の苗を1家族10株ずつ植えました。

定植定植2

作付けをするために穴を掘るのが大変そうでしたが、親子で力を合わせて作業されていました!

作付後

終わった後の手づくりの黒豆ジュース♪ 黒豆ジュースを飲みながら

天候にも恵まれ暑い一日でしたが、これで第一弾の作付け体験プログラムを無事終了。

集合写真

秋には成長した黒枝豆の収穫体験が待っています♪

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL