更新 食文化の継承を!「第8回 親子で黒豆おせち料理教室」


12月3日(土)、小学生とその保護者12組23名をフジッコ本社にお迎えして、フジッコ食育プログラム「第8回親子で黒豆おせち料理教室」を実施しました。

 

6月の黒豆の作付け、10月の黒枝豆収穫体験に続く、食育プログラム最終回です。

講義風景

 

まずは自分たちで収穫した黒豆とフジッコ商品を使った「おせち料理教室」。

講師は、兵庫県食生活改善協会常務理事・栄養士の金谷滋子先生。

伝統的なおせち料理についてのお話と作り方をご説明いただきました。

金谷先生の説明

 

見る見るうちに大根が菊の花になる様子は、お子さんだけでなく親御さん、そしてスタッフまで釘づけ! 大根を使った菊の花

 

黒豆ちらしは煎り黒豆をお米と一緒に炊き込み、お酢を加えるとごはんが鮮やかなピンク色に! 慣れない作業に四苦八苦しながらも、真剣に取り組む姿が印象的でした。 調理風景①

お子さんからは、「料理って楽しいねんなあ!」

「これからはお母さんの料理のお手伝いしたい!」という声も聞こえました。 調理風景②

調理風景③

お待ちかねの試食の時間。

自分たちで作付けから収穫、調理まで携わった黒豆の味は格別ですね♪ 本日のメニュー

【本日の献立】

 ・黒豆の煮豆

 ・黒豆ちらし

 ・お雑煮(すまし仕立て)

 ・ひとくち昆布巻き

 ・紅白かん黒豆飾り

昼食風景実習が終わった後は自分たちで片付け。

これも食育の一環だと私たちは考えています。

 

いて、作付け体験からお世話になっている農家の小島さんによる講義と手かち・手より作業です。

小島さんのお話

まずは黒豆の育成過程を小島さんからお話して頂きました。参加者の皆さんは、実際に体験したこともあり真剣に話を聞いていました。 手より作業

手かち、手より作業は黒豆をさやから取り出して、選別する作業。親子で楽しく作業をしていました。

黒豆と

手より作業

続いて、小島さんからのサプライズイベント♪

篠山産のお野菜

参加者全員に大根とゆずを頂き、それに加え篠山産のお野菜を抽選でプレゼントして頂きました♪

山の芋と

篠山米と

 

最後に黒豆つかみゲーム大会を行いました。

黒豆つかみ大会①この日は、29粒のお子さんが最高記録!(優秀!!)

黒豆つかみ大会②

お母さんも挑戦して、親子で最高記録をゲットされました!

 

第8回食育プログラムはこれで終了となりました。

次回の応募は5月を予定しています♪ホームページをチェックくださいね!

 

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL