更新 2016年 フジッコ“黒豆部”~支柱立て・マイカー線張り~


8月7日(日)、黒豆の産地 丹波篠山にて今期2回目の黒豆部の活動を行ってきました。

今回は社員とその家族を含めて16名の参加でした。

前回の定植から約1ヶ月半、講師の小島さんいわく「今年は降雨量が少なく、例年に比べ成長はもうひとつ」との事ですが、畑の苗は腰のあたりまで成長していました。 マイカー線張り

今回の作業は今後夏から秋にかけて成長する黒豆の苗が自重や強風により倒れたり、折れたりする事が無いように、マイカー線というポリエチレン製の線を畝に沿って引きます。

支柱立て 

苗の両脇に等間隔で鉄製の杭を地面に打ち込み、その杭に沿って地面から40~50cmの位置にマイカー線をたるまないように貼ります。

当日は最高気温35度の炎天下、また雨が少なく地面がガチガチに固まっていた事もあり、非常に過酷な条件でしたが、皆でなんとかやりきりました。

一見地味で過酷な作業ですが、豆が大きく重くなる「丹波黒豆」にとっては必要不可欠な作業だそうです。

支柱立て 

作業終了後は、毎回恒例のバーベキューです。地元で獲れた新鮮な野菜や美味しい篠山牛を囲い、楽しい時間を過ごしました。野菜が苦手な子どもも地元の新鮮なきゅうりをおいしそうに頬張っていました。

サワガニ

また、小島さんの提案で近くの小川にサワガニ採りに出かけたり、子どもたちにとっても夏休みの楽しい思い出になったのではないでしょうか。 小多田の川

 

次の黒豆部の活動は、10月下旬を予定しています。

成長しましたいよいよ収穫の秋!大きく育った丹波黒豆を収穫し、ビールと一緒に味わいたいと思います。

 

 黒豆部 T

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL