更新 ヘルシー料理教室(1月)レポート


1月28日(木)、フジッコ東京FFセンターで「ヘルシー料理教室」を開催しました。

テーマは “シェフに教わる!バレンタインに真似したい♡~和の食材をヘルシーに洋風アレンジ~” です。

 

もうすぐバレンタイン

甘いチョコレートも良いですが、いつもと違う手作りディナーで大切な方を驚かせてみてはいかがですか?

心のこもった料理の数々に、きっと気持ちも伝わります♡ぜひ参考にしてみてください。

 

 

今回の講師は、フジッコのシェフで元「日本大使館公邸料理人」の本山隆洋氏。

本山シェフです♪

 

デモンストレーションでは様々な食材の話や、調理・盛り付けのテクニックが紹介され、皆様熱心にメモを取られていました。

本山シェフのデモンストレーション

 

アレンジの方法など詳しく説明します

 

デモンストレーションのあとは、みんなでわいわい楽しい調理実習です♪

楽しい調理実習♪

先生のようにきれいな盛り付けを実践♪

 

シェフならではの、食材・盛り付け方法・料理のコツも盛り込まれ、華やかな仕上がりとなりました!

料理の全体写真です♪

 

<実習メニュー>

①ふじっ子ドレッシングの温野菜とささみのサラダ

②ごぼうと豆のサラダピラフ

③蒸しサラダ豆のケークサレ

④やさい豆とほうれん草のキッシュ

⑤さつまいものベニエ

 

今回の教室で特に人気だった2メニューを紹介します。

 

<ふじっ子ドレッシングの温野菜とささみのサラダ>

ふじっ子ドレッシングの温野菜とささみのサラダ♪

 

「ふじっ子ドレッシング」とは、「ふじっ子(塩こんぶ)」を細かく刻み、オリーブ油と混ぜるだけの簡単な手作りドレッシングです♪

p_4902553020213

~作り方~

①「ふじっ子(塩こんぶ)」を包丁で刻みます。

塩こんぶを刻みます

 

「ふじっ子(塩こんぶ)」は、ふっくらやわらかい昆布ですので、刻みやすいです↓

ごま粒大まで刻むのがポイント

 

②保存瓶などに、刻んだ塩こんぶと、オリーブ油(エクストラバージン)を入れて混ぜるだけ。

保存瓶などに塩こんぶとオリーブ油を混ぜるだけで完成!

 

たったこれだけで、様々な料理に活用できるドレッシングの完成です♪

昆布のうま味が、野菜・魚・肉・チーズなど幅広い食材とマッチします。

サラダ、カルパッチョ、パスタ・・・応用がきくところが良いですね♪

 

今回は、旬のかぶ、下仁田ネギをレンジで加熱したものと、鶏ささみをやわらかく茹でたものにかけて頂きました♪

かぶは葉付きでおしゃれに盛り付け♪

 

黒色のドレッシングがかかることで、ぎゅっと引き締まった印象のおしゃれなサラダになりますね♪

ふじっ子ドレッシングの温野菜とささみのサラダ♪

 

 

2品目は

<ごぼうと豆のサラダピラフ>

ごぼうと豆のサラダピラフ♪

 

こちらはとても簡単なピラフが自慢のレシピです!

 

p_4902553014434

 

「ごぼうと豆のサラダ」、米、水、塩(少々)を炊飯器で一緒に炊くだけ!

斬新なアイデアに皆さん驚かれていました。

 

~作り方~

①米をとぎ炊飯器に入れて、通常の分量の水を加える。

「ごぼうと豆のサラダ」、塩(少々)を入れてよく混ぜ、30分浸水させて通常モードで炊飯する。

炊飯器に材料を入れて炊くだけ♪

 

②炊き上がったら、刻んだパセリを混ぜる。

刻んだパセリがさらに彩り、風味を加えます♪

 

③セルクル(円の形をした底のない型)を使い、②、刻んだトマト、魚介、ベビーリーフを盛り付ける

セルクルできれいに盛り付けます♪

 

刻んだトマトも重ねて♪

 

海老、牡蠣、たこをのせて♪

 

④すし酢とサラダ油を1:1で混ぜたドレッシングをかけて完成です

ごぼうと豆のサラダピラフ♪

 

「ごぼうと豆のサラダ」には

ごぼう、にんじん、コーン、レッドキドニー、枝豆などカラフルな素材が沢山入っており、見た目にも鮮やかなピラフができ上がりました。

 

いかがでしたか?

フジッコ商品を上手に使えば、手が込んでいそうなのに実は簡単!なアレンジが完成します♪

 

ぜひ、ほかのレシピもご覧いただきお試しください♪

 

☆レポート・レシピはこちらから☆

http://www.fujicco.co.jp/know_enjoy/healthycook/healthy/report1601.html

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL