更新 第4回 親子で“「小糸在来®」種”枝豆収穫体験


10月24日(土)、第4回を迎える「小糸在来®枝豆収穫体験」を千葉県君津市で開催しました。

この食育活動は、素材に興味を持つことや自然の恵みの尊さを学ぶこと、農業に関わる人をはじめ、日々調理をしてくれる人への感謝の気持ちを養うことなどを目的としています。

昨年は台風のため中止となり2年ぶりの開催でしたが、当日はお天気にも恵まれ、19組38名の小学生とその保護者の方に参加頂きました。

 

ここで育てられているのは「小糸在来®」という地元で古くから守られている品種。

「小糸在来愛好クラブ」のメンバーの皆さんに、厳正に栽培・調製された種子を用いて生産頂いています。大量生産に向かず、育成に手間のかかる枝豆なので、一般に流通することのない“幻の大豆”と呼ばれている貴重な品種です。

 

畑に到着後、愛好会の会長 山下さんに説明して頂きました。

大人も子供も真剣に話を伺います。

山下さんのお話

いよいよ、収穫体験!!

枝豆のさやがたくさんついている株を探して引き抜きます。

簡単なように見えて、力のいる作業です。

掘り起こし中

枝豆収穫次に枝からさやを外します。

取り忘れたさやがないか確認しながら丁寧に作業を進めていきます。

枝からさやをとります

 

そして、お待ちかねのお弁当タイム♪

お弁当

千葉県の食材をふんだんに使用し、おまめさんこんぶ豆、ふじっ子煮こもち昆布、おかず畑栗かぼちゃのサラダが入ったお弁当を召し上がって頂きました。

君津「小糸在来」種枝豆

茹でたての枝豆も用意して頂き、とれたての味は格別の美味しさです。

 

かえる

お弁当の後はしばらくフリータイム。

子供たちは自然との触れ合いを楽しんで・・・。かわいらしいカエルも発見☆

自然との触れ合いを楽しむお子さんの様子を見守る親御さんも嬉しそうでした。

集合写真

 

小糸在来愛好クラブ・JAきみつの皆さん、ありがとうございました!

 

その後は、JAきみつ 味楽囲(みらい)さだもと店に寄ってお買い物タイム。

ソフトクリームを食べたり、地場野菜などのお土産を買いました。

 

自然と触れ合いながら、たくさんの枝豆を収穫し、農業の素晴らしさを実感するイベントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL