更新 食育イベント!「第7回 丹波篠山で黒枝豆の収穫体験」


10月17日(土)、小学生とその保護者の方22組44名様をお迎えして、丹波篠山で黒枝豆収穫体験を実施しました。今回のイベントは、参加者の皆さんが6月27日(土)に作付けした黒枝豆の収穫です。

講師の小島さん

当日はとても良いお天気に恵まれました。

6月に定植した黒豆は講師の小島さんが大切に管理して育ててくださり、大きく育っていました。

小島さんの説明を聞きます

今年は9月に大雨での水害、また夜に猪が水を探して畝を掘り返してしまうという被害もあったそうです。しかし、皆さんの名前が入った立て札が猪よけになり、ここに植えた黒豆は無事に育ったとのことでした。

左の列と右の列の色の違いに注目

こんなに大きくなりました小島さんからの説明で、株元の軸が太い枝は鞘付きが良いということで、皆さん腰をかがめながら懸命に鞘付きの良い枝を探して根元から切り落とすと、夢中で鞘取りをしたり葉や枝を落としたり、楽しんで収穫されていました。

太い枝を選んで

親子で収穫

親子で収穫

大きい枝を選んでさやをとります小島さんからのサプライズで、一株分の葉の数と重さを当てるゲームでは見事に近い回答を出された参加者もおられ、盛り上がりました。

篠山の食材で

昼食は収穫したばかりの黒枝豆と黒枝豆ごはん、そして猪汁。篠山の特産がふんだんに使われた昼食に皆さんも笑顔で美味しいと召し上がっていただきました。

黒枝豆がたくさん

親子でニコッ!

 

その後、黒豆の卸売り問屋の小田垣商店様を見学させて頂きました。

どのようにして黒豆が選別され、出荷されているか皆さん興味津々です。お子様達には実際に選別の作業も体験して頂きました。

黒豆の選別作業

黒豆の選別作業また、先ほど収穫を体験した黒大豆の若さやである黒枝豆の出荷最盛期ということもあり沢山の枝豆が出荷されていました。

黒豆の色の変化

最後に黒豆の流通のお話、そして原穀を蒸して簡単できるレシピもご紹介頂きました。実際に蒸し豆も試食させて頂き、蒸しただけなのに豆の甘みが非常に出て美味しく、皆さん驚かれていました。

みんなで記念撮影秋の良い時期に天候にも恵まれて参加者の皆さんも楽しんで頂けた収穫体験だったのではないでしょうか。

次回は、12月に黒豆をつかったおせち料理教室を開催します。こちらもお楽しみにしていてください!

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL