更新 第8回 小学生対抗豆つかみゲーム大会(朝小サマースクール)


毎年夏休みの恒例になった「豆つかみゲーム大会」。今年は「朝小サマースクール」の催しとして開催しました。

*「朝小サマースクール」とは、朝日小学生新聞が夏休みに親子を対象にして行うイベントです。

当日の決勝大会には、小学校を代表する8チームが参戦。

熱い戦いが繰り広げられました。

豆つかみゲーム大会会場

豆つかみゲーム大会会場

まず、大会ルールが説明され、大会に向けて選手たちは緊張ながらも失格にならないように注意深くルールを確認。対戦に向けて闘志を燃やしている姿が伺えます。

今回の参加チームは、首都圏を中心に集まった8校の選手。

各校代表の3名は、3年生から6年生のチームまで様々です。

 

いよいよ白熱ゲームの始まりです!

豆つかみゲーム対戦シーン

豆つかみゲーム対戦シーン

 

チーム戦は、8組のチーム各3名がそれぞれ前半と後半で2回参戦し、チームの総合粒数で優勝を争いました。

個人戦は、2度のチャレンジで一番多くの粒を乗せた人が優勝です。

 

団体戦勝利チーム

団体戦勝利チーム

 

接戦の中で、見事に団体戦勝利を納めたのは・・・

世田谷区立深沢小学校4年生チームです!

 

【上位記録】

1位 世田谷区立深沢小学校   181粒

2位 太田区立入新井第四小学校 176粒

3位 中央区立泰明小学校    167粒 ★豆つかみゲーム大会チーム優勝者&ご当地ふじっ子ちゃん

 

入賞できなかったチームもみんな頑張りました!

「天国と地獄」の曲♪が流れる中で1分間の戦い。

大舞台での度胸に感心しました。

何より、今回初のチーム戦となりましたが、応援するメンバーやご家族の方の手に汗にぎる白熱ぶりに盛り上がりも最高潮でした。

 

一方、個人戦の結果は?

団体戦第2位のチームから1分間でみごと34粒の記録で海老沢さん(6年生)が優勝!

こちらも接戦。

団体戦1位と3位のチームから同粒32個の2位タイの記録。

 

安定した強さが団体戦と個人戦を射止める結果となりました。

 

その後は、現在52粒で世界チャンピオンの記録を持つ田中未来さんと個人戦勝者の海老沢さん、フジッコ和食キャラクターご当地ふじっ子ちゃん(東海・北陸ふじっ子ちゃん&九州ふじっ子ちゃん)によるエキシビジョンマッチが行われました。

 

世界チャンピオンの田中未来さん

世界チャンピオンの田中未来さん

 

本日の優勝者と世界チャンピオン、ご当地ふじっ子ちゃんによるエキシビジョンマッチ

本日の優勝者と世界チャンピオン、ご当地ふじっ子ちゃんによるエキシビジョンマッチ

 

世界チャンピオンの田中未来さん。貫禄と自信も満々に対戦スタート!

結果は?

 

世界チャンピオン 田中未来さん 35粒

個人戦勝者 海老沢さん 32粒

九州ふじっ子ちゃん 25粒

東海・北陸ふじっ子ちゃん 21粒

 

田中未来さんは、事前の練習では記録更新できるかも?と思うくらいに好調だったらしいのですが、緊張のせい!?

結果は35粒と少し残念そうでした。

(世界記録52粒達成の動画を収録しています。ぜひご覧ください)

●豆つかみゲーム 世界記録達成!

http://www.fujicco.co.jp/mamecco/worldrecord/

 

なかなかの記録の海老沢さん、世界チャンピオンとも接戦を繰り広げました。

チャンピオン交代も近い???ほどの安定した記録でした。

 

白熱したゲームも終了。

最後はみんなで記念写真を撮り、それぞれの奮闘を称え合いました。

参加8校の出場者全員での記念写真

参加8校の出場者全員での記念写真

 

みなさんお疲れ様でした!

来年もお楽しみに♪

 

 

フジッコでは、「まめっ子くん」ゲームを通じて、楽しく和食の作法や箸使いを学んでいただけたらという思いでこのゲームを開発しました。

 

 

子どもたちに、“和食のすばらしさ”も合わせて学んでいただけると嬉しく思います。

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL