更新 2015年 フジッコ“黒豆部”~丹波篠山での黒豆の作付け


7月4日(土)、黒豆の産地 丹波篠山にて黒豆の作付けを行いました!

「黒豆部」の活動は今年で6年目。営業の私は新入部員として参加してきました。

自宅がある大阪からJR篠山口の駅に到着すると、清々しい空気にとても晴れやかな気持ちになりました。

あじさい公民館では、講師の小島さん(小多田生産組合相談役)より篠山地方の農業の歴史や、黒豆ができるまでの発育の過程を教えて頂きました。

「篠山地方は、昼夜の寒暖が激しく、作物を育てるには、厳しい環境であるが、できた作物の質はものすごく高い」とのこと。

小島さんのお話

その後、黒豆の作付けです。

黒豆の作付け

生まれて初めて、畑の中で農作業を行いましたが、全くバランスがとれず、一つの苗を植えるのも一苦労でした・・・。

親子で作付け

最後は裸足になり、汗だくなりながら、全ての苗を作付けしました。

裸足で奮闘中

去年の年末に私が販売していた丹波篠山産の黒豆が、このような苦労の下で育てられていると思うと、頭が下がる思いでした。

50cm間隔で

その後は、採れたての甘いトマトを丸かじり。汗をかいた後の美味しさは絶品でした!

採れたてのトマト

そして、みんなで篠山牛と採れたての野菜でバーベキュー♪

トマト&塩こんぶ

採れたて野菜×ふじっ子(塩こんぶ)も出てきました!

今回、営業からは私一人の参加で、普段の業務では関わることができない方達と話しができてとても貴重な時間になりました。

黒豆の苗

また、黒豆がどのように育っていくかを見るという経験はなかなかなく、これからの営業活動の中でとても良い勉強になった一日でした♪

黒豆部 O(初参加)

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL