更新 料理がうまくなる魔法の水『昆布水』をご紹介!


昆布で取るだしは上品でやさしいので、素材の味・香りを生かした薄味のお料理に最適です。…ですが、だしを取るのってとっても面倒ですよね。中には、だしの取り方が分からないという方もおられるかもしれません。

そこで今回オススメしたいのが、簡単で便利な魔法の水『昆布水』です☆

昆布水ボトル

 

『昆布水』のいいところ♪

その1.水でだしが取れる!!

昆布を水につけて、3時間以上おくだけ。ほったらかしでいいんです!

 

昆布水の作り方

※昆布水におすすめのだし昆布はこちら↓↓↓ べんりだし

 

その2.料理がおいしくなる!!

水を使ういろんな料理で水代わりに使うことで、料理の味がワンランクアップします!

昆布には日本人が不足しがちなミネラルもたっぷり!

 

その3.実は経済的!!

通常だしをとるために使う昆布の半分程度の量でOK!

昆布水を使いきっても同じ昆布でもう一度水を替えて使えます!

さらに、残った昆布は佃煮などにして余すことなく食べられます!

 

 

ここで、魔法の水『昆布水』のヒミツを教えちゃいます♪

そのヒミツは「うま味の相乗効果」です☆うま味の相乗効果この「うま味の相乗効果」で料理はワンランク上の味になります♪

 

さて、この昆布水を使った夏におすすめしたいイチ押しメニューが『昆布水そうめんつゆ』です。

濃縮タイプのそうめんつゆの希釈水を『昆布水』に置きかえてみると、つゆに含まれるかつおのうま味成分(イノシン酸)に、昆布のうま味成分(グルタミン酸)が加わって、味に深みが出てとってもおいしくなりますよ!

 

昆布水は、和食メニューだけでなく、カレーやスープなどの洋食メニューに使うこともできます。

社員の間では、カップ麺に注ぐお湯を昆布水にするというメニューがひそかに話題になっています☆

 

とっても簡単で便利な『昆布水』、みなさんもぜひお試しください^^

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL