更新 食育イベント!「第6回 丹波篠山で黒枝豆の収穫体験」


10月25日(土)、小学生とその保護者の方21組40名様をお迎えして、丹波篠山で黒枝豆収穫体験を実施しました。今回のイベントは、参加者の皆さんが6月28日(土)に作付けした黒枝豆の収穫です。

 

前回の作付け体験の模様はこちらから

http://www.fujicco.co.jp/know_enjoy/blog/2014/07/4459

 

初めに講師の小島さんからお話をうかがいます。黒豆は、丹波篠山地方特有の朝夕の寒暖差の激しさや、秋に発生する10m先も見えなくなるほどの濃い霧といった気候条件で旨みが育つそうです。 小島さんの説明

この日も朝は畑が霧に包まれていたそうです。また、今年は台風の影響が非常に大きかったとのこと。

特に8月の台風は大変なもので、畑が浸水して黒豆が30cmほど水に浸かってしまったと言う話を聞き、農作物を育てる事の大変な苦労もうかがえました。

これから作業です

そんな台風からも小島さんが懸命に守って育ててくださった黒豆を収穫していきます。途中、少し雨がぱらつきましたが、皆さん収穫に夢中!自分で植えた黒豆が大きな鞘(さや)を付けて育っている様子に驚きながら、より鞘付きの良い黒枝豆を探して畑を行ったり来たり。

これだ!という黒枝豆を大きなはさみでバサリと一気に根元から切っていきます。

親子で作業

皆さん、楽しそうに収穫されていました。黒枝豆は葉を落として枝付きで、もしくは鞘だけのにしてお持ち帰り頂きました。

袋に入れていきます

お土産用できました

お昼には採れたての黒枝豆、郷土料理の猪汁と黒枝豆ごはん。おかわりも出るほどの人気でした! お昼ごはん

 

収穫体験の後は、豆類卸業の小田垣商店さんを見学させて頂きました。

黒豆の保存庫を見せて頂いたり・・・。

小田垣商店さんの見学熟練の職人さんによる選別作業を見せて頂いたり・・・。

職人さんは目にも留まらない速さで豆を選別していきます。

職人さんの選別作業

お子さんたちも黒豆の選別作業に挑戦!真剣な表情で選別です!

黒豆の選別作業

最後に黒豆の歴史と流通について講義を頂き、第6回黒枝豆収穫体験も無事終了となりました。

 

追伸.

この度、フードアクションニッポンさんが来てくれました!

フードアクションニッポンとは?

農林水産省の委託事業として、国産品の自給率向上を目的とした活動です。

当社も推進パートナーとして活動しています。
http://syokuryo.jp/mogumaga/2014/11/kuroedamame141128.html

 

次回はさらに成熟された黒豆を使って行うおせち料理教室です!お楽しみに♪

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL