更新 フジッコ“黒豆部”番外編~丹波焼き陶芸体験~


9月21日(日)、篠山市今田町で丹波焼き陶芸を体験してきました!

この企画は、ある黒豆部員から「枝豆専用の器が作りたい」という希望から開催されたイベントです。

 

「丹波焼き」は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並び日本六古窯(にほんろっこよう)の一つに数えられ、平安時代末期には始まっていたと言われています。

 

篠山市今田町は丹波焼きの里として有名で、たくさんの窯元が点在しています。

10月18~19日には第37回丹波焼き陶器まつりが開催され、丹波焼きの陶器をお得な価格で買えるそうです。

 

今回は篠山市今田町出身の社員に紹介してもらった、窯元「丹誠窯」さんで丹波焼きの陶芸を体験しました。

窯元「丹誠窯」さん

最初に丹誠窯さんの店頭で売られている商品を参考に、どんな器を作りたいのかイメージを膨らませます。

イメージが決まったら、写真の右側に写っている建物に移動していよいよ陶芸体験のスタート! 陶芸体験

陶芸体験はまず、ロクロ台の上で粘土を平たくのばし、底となる部分を作ります。次に粘土でひもを作って底の上にのせ、つなぎ目を接着させます。この作業を何回か繰り返します。そこからはそれぞれ希望の形になるようにさらに粘土を伸ばしていきます。

 

これが完成した器たち♪

完成した器

それぞれ味のある器ができ上がりました!

余った粘土を使って、ふくろうや猫の置物や箸置きなども作りました。

 

体験後は「ねじきそば」を食べたり、食後にはぬくもりの郷でジェラートを食べたり今田グルメを堪能しました!

ねじきそば

 陶器の完成まで3週間から1カ月ほどかかるそうです。 ジェラートに舌鼓

来月にはいよいよ黒枝豆の収穫です!完成した器に収穫した黒枝豆を入れて食べるのが、今から楽しみです!

 

黒豆部 K

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL