更新 北海道産地視察に行ってきました


昆布の生育状況視察で北海道に行ってきました。
道南地方では本場折浜と呼ばれる浜で、だし昆布に使われている"真昆布”が干場にきれいに並べて干されているところを見学しました。立派な昆布がきれいに敷き詰められた光景は圧巻でした!

昆布の干場

生産者の方に作業のお話しを聞き、数日前に干しあがった昆布の味見をさせていただき、昆布本来のうま味を堪能することもできました。

昆布のうま味を堪能

白口浜では数日前の低気圧で、一部壊された養殖施設を漁師のみなさんが協力して修理をされているとのこと。いつも自然との闘いの中でのご苦労を感じました。

水揚げされた昆布養殖施設の視察はできなかったのですが、水揚げされた昆布を各生産者の方が作業場に持ち帰り、水洗いをして干す作業を見学しました。

一枚一枚丁寧に作業されており、生産者の方の昆布への愛情を感じました。

洗浄後乾燥

道東の浜では佃煮用に使われる天然の長昆布の漁風景を見ることができました。

天候が悪いと漁にでることができないのですが、当日は霧のかかった海でも昆布をとっているところでした。

釧路漁風景

こちらでは、視察メンバーも干場で昆布干しの作業を少しお手伝いさせていただきました。きれいに広げながらまっすぐに並べていくのは簡単にはいかず、中腰の作業の大変さを実感しました。

釧路干場

史上最少の収穫であった2013年に比べて、今年の繁茂状況は良いといわれていますが、今後好天が続いておいしいだし昆布や佃煮用昆布がいっぱいとれることを期待しています。

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL