更新 11月15日は「昆布の日」です。温まる鍋料理で昆布を食べましょう!


11月15日は「昆布の日」です。

11月15日といえば「七五三」の日ですが、この日のお祝いに、育ち盛りのお子さんが栄養豊富な昆布を食べて、元気に育ってほしいという願い、また昆布を食べる習慣をつけてほしいという思いから「昆布の日」が決められました。

これからの季節、鍋物料理で人気がある「おでん」には“昆布”が欠かせません。

この秋、希少価値の高い「北海道産棹前(さおまえ)昆布」を使用して、今までにないやわらかさで“半ウエット”タイプに仕上げた「やわらか おでん昆布」を発売しました。

やわらかおでん昆布

従来の乾燥タイプやウエットタイプとは違い、水戻しの手間が不要で煮込むとだしを含んで少しふくらみ、ふっくらやわらかく煮上がります。

おでん調理例

■商品情報はこちら:http://www.fujicco.co.jp/products/detail.php?id=223

 

(担当者の声)

寒くなるこれからの季節、ご家族でお子様の好きな「おでん」を食べて、温まりませんか?

昆布は“食物せんい”“ミネラル”がたっぷり!栄養豊富な昆布を食べて、元気に寒い冬を乗り切りましょう!

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL