更新 講演会「第5回日本型食生活で豊かな長寿社会の実現」を開催しました


10月26日(土)、公益社団法人 兵庫県栄養士会主催「第5回日本型食生活で豊かな長寿社会の実現」と題した講演会をフジッコ本社北館FFホールで開催しました。

日本型食生活で豊かな長寿社会の実現の画像です

当日は病院や介護施設、地域で活躍されている栄養士さんや調理師さんを中心に約160名の方に来て頂き、お招きしたお二方の講演に熱心に聞き入っておられました。

 

最初の講演は、ワタミの介護㈱栄養サービス部の管理栄養士、臨床栄養士の麻植(おえ)有希子先生による「高齢者の栄養ケア・マネジメント~食べることは生きる喜び~」です。

麻植先生の画像です実際の栄養ケア計画の例を交えながら、単に体重やアルブミン(血清に含まれているたんぱくの主成分のひとつ)値などの栄養指標の改善を目的とするのではなく、低栄養状態の予防改善を通じて、ご高齢者の生きる意欲や楽しみに繋がる「口から食べること」を課題として、多職種が協働して支援することをお話して頂きました。

会場風景

 

講演の中では、ご高齢者のおやつに麻植先生おすすめの「フジッコのソフトデリきんときとカスピ海ヨーグルトのデザート」と「伊那食品工業さんのチョコレート羊羹」の試食もあり、会場は「やわらかくておいしい!」と盛り上がりました。 デザート試食風景の画像です

 

続いての講演は、西山耳鼻咽喉科医院の医学博士西山耕一郎先生による「動画にみる嚥下(えんげ)障害の基本と臨床~高齢者嚥下障害診療メソッド~」です。

VE(嚥下内視鏡)やVF(嚥下造影検査)での症例をたくさん出して頂き、動画で分かりやすく説明してくださいました。誤嚥(ごえん)のリスクを減らすには正しい診断で適切な訓練を行うことが大切だというお話して頂きました。

西山先生の画像です

ご来場者の方々からは「VEやVFで嚥下を見たのは初めてだったので勉強になった」とのお声を頂きました。

 

この講演会がご高齢者の方に「食べる喜び」を感じて頂くお役に立てればと思っております。

 

ソフトデリ2品の画像ですご高齢になられて、噛む力が弱くなった方も食べる喜びを味わって頂きたいと思います。

フジッコは噛む力が弱くなった方でも、やわらかく食べやすいお漬物、煮豆、昆布佃煮を発売しております。

 

フジッコの介護食 ソフトデリ

http://www.fujicco.co.jp/softfood/index.html

 

 

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL