更新 北海道 昆布生育状況視察


今年も昆布の生育状況を視察するために北海道へ行ってきました。

函館から釧路まで昆布が採れる浜の視察です。

 

函館周辺の道南地方は「真昆布」が採れる有名な浜が多く、その中でも有名な「白口浜(しろくちはま)」を視察しました。

昆布の切り口が白い昆布が採れることから「白口浜」と呼ばれています。

あいにくの雨模様でしたが、船で沖に出て今年の昆布生育状況と収穫風景を見てきました。 

昆布漁(水揚げ)

 水揚げされた昆布は肉厚で表面はつやつやとして透明感があり、そのまま食べても美味しそうでしたよ!水揚げ後の昆布

次に「長昆布」と呼ばれる長い昆布が採れる釧路地方の浜へ視察に行きました。しかし、この日は快晴でしたが、強風のため海に出ることができず、昆布の生育状況を視察することができませんでした。

代わりに漁師の方が海辺で採ってこられた昆布を「干場(かんば)」と呼ばれる砂利を敷き詰めた場所に広げる作業を手伝いました。干場に昆布をまっすぐ広げるのは前屈みの作業で大変でした・・・。干場(昆布を干す)

天候に左右されやすい昆布漁ですが、長昆布が視察できなかったのはとても残念でした・・・。

高台から漁場を眺めて、この海中に漂う昆布を想像しながら、今年の昆布視察は終了しました。北海道(釧路地方の海)この冬はお世話になった漁師の皆さんに感謝しながら、「だし昆布」を使った湯豆腐や水炊きなどのお鍋を家族で囲んで、北海道の話をしながら食べたいなと思いました。もちろん、塩こんぶやとろろ昆布、昆布佃煮もいただきたいと思います。

ぜひ、皆さんも『昆布』でいろいろな料理を食べてくださいね!

 

コメントする

このブログに対するご意見は、原則として公開することはありませんが、
内容により、記事の中で紹介して回答をさせていただく場合があります。

※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事へのトラックバックURL