MENU
フジッコ株式会社

一汁三菜ふだんごはん

Pick Up

「ステイホームのお家ごはん」
~春の巻~

監修:医学博士・管理栄養士 本多京子 氏

 不要不急の外出自粛が叫ばれるコロナ禍の今、自宅で食事をする人が以前よりも増えています。
テイクアウトやデリバリーなどに手軽さやおいしさを求める人もいますが、自分や家族の安全のために手作りを心がけたいという人も増加しています。

自宅での食事が増え調理スタイルも変化

スパゲッティ

コロナ禍で増加した自宅での食事手作り派の人が気にかけているのは、やはり栄養バランスのよさです。でも、その一方で準備や片付けの手軽さも求めています。
そのため、人気メニューは「一皿完結料理」のパスタやうどん、そばなどの麺類や炊き込みご飯、カレー、シチューなどの煮込み料理です。また、リモートワークやオンライン授業で在宅時間が長くなった人の中にはホットケーキミックスなどで作るスイーツ作りに挑戦する人も増えています。

どんな時も食べることを大切に!

食事

食べることは生きていくうえで最も大切なことです。そのため、自分の食事を自分で整えられていたら、どんなことがあっても大丈夫。ところが、最近では料理を作ることの優先順位が低くなり、作らずに食べている人が増えています。すると、食材への関心度は低くなり、作ってくれた人への感謝も忘れがちになってしまい、コミュニケーション能力も低下してしまいます。在宅時間が増えた今こそ、家族みんなで食事作りをするチャンスです。小さな子どもも、料理経験がない人もできることから始めてみましょう!やってみれば、わかることや気付くことがたくさんあります。

食は、体も心も元気にします!

料理

私たちの体は、自分がこれまでに食べてきたもので作られています。そして、自分が食べたものが、これからの自分の未来を作ります。また、自分を作る食べ物が、巡り巡って地球を作っています。食べることを大切にし、それにかかわることは自分のためだけでなく、すべてにつながっているのです。食べることが好きで、作ることや食事の時間が楽しいと思えるようになるためには、家族みんながそれぞれ食事作りに参加することが大切です。

春のおすすめレシピ

カスピ海ヨーグルト® プレーン 400g、おかず畑 おばんざい小鉢 きんぴら、
おかず畑 おばんざい小鉢 ひじき煮、おまめさん きんとき、おまめさん うぐいす豆
を使って・・・

フライパンでつくるちぎりパン

フライパンでつくるちぎりパン

栄養メモ

ひじき煮やきんぴらごぼう、うの花煮豆などの伝統的な和食のお惣菜は、どれも食物繊維やビタミン・ミネラル類が豊富。普段の食事に少しずつプラスすれば、栄養バランスもよくなります。かつては常備菜として、食卓に頻繁に登場していたこれらのお惣菜も今では手作りする機会が減りました。家族の人数が少なくなり、持て余すというご家庭も多いようです。そんな時は、市販の少量パックを利用してみましょう!

ふじっ子 大袋、おかず畑 おばんざい小鉢 きんぴら、蒸しサラダ豆、
おかず畑 北海道ポテトのサラダ ミニ
を使って・・・

ホットプレートで作る餃子アラカルト

ホットプレートで作る餃子アラカルト

栄養メモ

いつもの餃子も、ツナ缶に塩昆布を加えれば調味料いらずでミネラルをプラス。鶏ひき肉にきんびらを加えれば食感よく食物繊維もプラス。ポテトサラダとサラダ豆の組み合わせはカレーの香りでサモサ風に仕上がります。

おかず畑 野菜炊き合せを使って・・・
根菜たっぷりひっつみ汁

根菜たっぷりひっつみ汁

栄養メモ

食物繊維が多い芋や根菜類は、下ごしらえに手間がかかるので根菜煮を活用します。
鶏肉でたんぱく質、野菜でビタミン、ひっつみで炭水化物(糖質)がとれます。小麦粉で作るひっつみのほかに、そば粉を練ったそばがきで作っても。

Vol.8

春のおすすめレシピVol7

洋風や中華も取り入れながら、
時代の変化に合ったバランスの良い献立で毎日を健康に…

ピックアップ

  • 献立バランスチェック
  • 本多京子先生監修 一汁三菜小鉢
  • 現代人の食と栄養
  • 健康百科
  • フジッコの公式オンラインショップ