MENU
フジッコ株式会社

一汁三菜ふだんごはん

Pick Up

豆と豚ひき肉のトマトカレー煮

カテゴリー レシピ動画,,

レシピ・料理・監修:本多京子 氏/撮影:渡辺七奈 氏/企画・構成:村岡路子(フジッコ株式会社)

器協力:NARUMI(主菜・副菜②) 箸協力:株式会社 兵左衛門

トマトの酸味と豆の甘み!相性抜群の夏カレー。

献立

主菜 豆と豚ひき肉のトマトカレー煮
副菜① かぼちゃ煮ごま風味
副菜② モロヘイヤとコーンのからし和え
汁もの お茶
主食 ごはん(茶碗1杯130g)

(献立総換算)

エネルギー 637kcal 塩分 2.9g
決まりごと
  1. 1献立全体のカロリーは、600~700kcal以下としています。
  2. 2塩分は、夕食献立全体で3~4g未満に抑えています。
  3. 3新日本型食生活では、健康的な献立を目指して主食は「ごはん」とします。
    ごはん1膳=130g(218kcal)
    ごはんは塩分もコレステロールも含まず、しかもアミノ酸バランスに優れ、粒食のためゆっくり消化されるなどのメリットがあります。
  4. 4「汁物」を加えると、塩分摂取量が高くなりやすい献立の日は汁物の代わりにお茶や水をとります。

作り方

主菜:豆と豚ひき肉のトマトカレー煮

(1人分換算)

エネルギー 262kcal 塩分 1.8g

豆と豚ひき肉のトマトカレー煮

材料(2人分)

蒸しサラダ豆(70g入り) 2パック
◆豚ひき肉 100g

<A>
◆玉ネギ(みじん切り) 小1/2個
◆にんにく(みじん切り) 小1片
◆油 大さじ1/2

◆トマト(完熟) 1ヶ(200g)

<B>
◆水 1カップ
◆固形スープ 1ヶ
◆カレー粉 大さじ1
◆ローリエ 1枚

◆パセリ(みじん切り) 少々

作り方

  1. <A>を鍋に入れて火にかけ、玉ネギがすき通るまで炒めて、豚ひき肉を加えてパラパラになるまで炒める。

  2. (1)に湯むきして1口大に切ったトマトと、蒸しサラダ豆を入れて炒め合わせ、<B>を加えて20分煮る。

  3. 器に盛り、パセリのみじん切りをちらす。

副菜①:かぼちゃ煮ごま風味

(1人分換算)

エネルギー 237kcal 塩分 1.0g

かぼちゃ煮ごま風味

材料(2人分)

おかず畑 かぼちゃ煮 1パック(160g入り)
◆白すりごま 小さじ1

作り方

  1. かぼちゃは耐熱皿に移して、ラップをかけて温め、器に盛り、白ごまをちらす。

副菜②:モロヘイヤとコーンのからし和え

(1人分換算)

エネルギー 29kcal 塩分 0.6g

モロヘイヤとコーンのからし和え

材料(2人分)

◆モロヘイヤ(葉先) 50g
◆冷凍コーン 30g

<A>
◆だし 小さじ1
◆しょうゆ 小さじ1/2
◆練りからし 小さじ1/2

作り方

  1. モロヘイヤは葉先をつんで、塩少々加えた熱湯で茹でて、冷水に取り水気を絞る。
  2. 冷凍コーンもさっと茹でて、ザルに上げ水気を切っておく。
  3. ボールに<A>を合わせ、(1)(2)を和える。

汁もの:お茶

(1人分換算)

エネルギー - 塩分 -

主食:ごはん

(1人分換算)

エネルギー 218kcal 塩分 -
  • mixiチェック

聞かせてみんなの声

献立に対するご感想やご質問、日々の献立作りに関することなどをお気軽にコメントください。
※ご記入いただいたメールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

洋風や中華も取り入れながら、
時代の変化に合ったバランスの良い献立で毎日を健康に…

ピックアップ

  • 献立バランスチェック
  • 本多京子先生監修 一汁三菜小鉢
  • 現代人の食と栄養
  • 健康百科
  • フジッコの公式オンラインショップ