和食文化国民会議presents

ふじっ子ちゃんの「全国和食探訪記」

産地野菜 よろこんぶリサーチ

今回は和歌山県の「はたごんぼ」をリサーチしたよ!

① 育て方

「はたごんぼ」の種は、3mmととても小さいです。その種を3月に蒔いて、除草や間引き、夏場の水まきなどを経て、11月頃に地中深く伸びたものを収穫します。
収穫するまでは、約8ヵ月かかりますが、生育期間は普通のごぼうとほとんど変わりません。
気をつけないといけないのは、種を蒔いてふた葉がでるまでの15日間くらいです。その間、2日おきに水やりを欠かさないことやネキリムシにごぼうの根を切られないように毎日観察する必要があります。5月には、育ててきたごぼうを間引くことで成長を促します。

② 収穫の仕方


収穫時期は、11月から3月頃までです。
収穫するためには、トラクターで掘立機を使用する方法とパワーショベルを使用する2通りの収穫方法がありますが、今回はパワーショベルを使用する方法を紹介いたします。
収穫するためには、収穫するごぼうの側面をまずパワーショベルを使って、深さ1メートルまで掘り進める必要があります。その後は、手作業でシャベルとトンガと呼ばれる鍬を使って1つずつ丁寧に掘り起こしていきます。ひと畝からだいたい100本近くの「はたごんぼ」を収穫することができます。
作業する中で気をつけないといけないことは、シャベルやトンガでごぼうを傷つけないようにすることや途中でごぼうが折れないようにすることです。また、無理やり引っこ抜くと途中で折れてしまい商品としてごぼうの価値が下がってしまいます。

③ 種類・生産地

西畑地区で生産している「はたごんぼ」は、市販されている「滝野川」と呼ばれる品種を使っています。特別な品種の種を使っているのではなく、太くて大きなごぼうが育つのは、"西畑の土"のおかげです。西畑地区は、200〜300mくらいの高台にあり、その土は三波川地質と呼ばれ、赤土の粘土質ででています。この豊かな土こそが「はたごんぼ」が育つ最大の秘密です。

④ 味・栄養

「はたごんぼ」の魅力は、大きさや太さに加えて「味」にあります。大きいので見た目からは雑な味に思われがちですが、やわらかくて香り豊かで味もしっかりしています。
「はたごんぼ」は、一般的なごぼうに比べてポリフェノールの量がなんと約1.4倍も含まれています。現在、和歌山県立医科大学と研究を進めており、「はたごんぼ」の機能性が大いに期待されています。

⑤ おすすめの調理法


味がしっかりしているので、「きんぴらごぼう」や「たたきごぼう」はもちろん、じゃがいもと混ぜてコロッケにしたり、炊き込みごはんにするととってもおいしいです。「はたごんぼ」の特徴を活かした料理といえば、「はたごんぼ寿司」ですね。「はたごんぼ」の芯の部分をくり抜いて煮て、その中に酢飯を入れて作る料理なので、普通のごぼうでは作ることができません。「はたごんぼ」ならではの料理ですね。

生産者インタビュー

今回は和歌山県で「はたごんぼ」を生産されている岡本さん、素和さんにインタビューをお願いしました!

「はたごんぼ」(和歌山県橋本市)
「はたごんぼ」の「はた」は産地の「(西)畑」、「ごんぼ」はごぼう。
つまりは西畑で採れるごぼうのことを指します。

農事組合法人 くにぎ広場・農産物直売交流施設組合
代表理事:岡本 進
  理事:萱野 忠伺
     岩橋 久和
     素和 治男
     尾崎 稔恵
     萱野 憲一
     武田 勝
     西井 千草
     堀内 和久
     森岡 康次
組合員数:38名

農業歴を教えて下さい。

農業歴は、15年。もともと地元の銀行で働いていましたが、父親の跡を継ぎました。

家庭菜園は、10年。もともと定年まで郵便局で働いていました。

農業をはじめたきっかけや「はたごんぼ」を栽培するきっかけを教えてください。

18年前に高野山から橋本市に引っ越す際に、橋本市出身の母から「昔、はたごんぼというおいしいごぼうがあった」という話を聞いて、妙にその話が頭に残っていました。
たまたま、私が所属している地域グループのメンバーと雑談をしている中で、「昔、はたごんぼというおいしいごぼうがあったなぁ」と話題にあがりました。
そもそも「はたごんぼ」は、江戸時代から戦後までたくさん作られていましたが、栽培が大変なため数十年前に生産が途絶えていました。
「それならばみんなでいっぺん復活させてみよう」という話になり、活動を始めました。

栽培している「はたごんぼ」の魅力を教えて下さい。

「はたごんぼ」は太くて長くて香りがよい。そして、味がよくとってもおいしい。
また、余すところがほとんどないんです。「小さなはたごんぼ」は、"はたごんぼ茶"として加工し、商品になります。
和歌山県の取り組みとして、安全・安心を基本に、幅広い分野で優れた県産品を「和歌山らしさ」の視点で推奨し、「プレミア和歌山」としてブランド化を進めており、実は、「はたごんぼ」もプレミア商品として認定されています。
その基準は、太さが25mm以上・長さ65㎝以上で傷がついていないものが選ばれています。

【プレミア和歌山 幻のはたごんぼ】 平成26年度プレミア和歌山推奨品審査委員特別賞
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/061000/premierwakayama/catalog/agricultural-product/entry651.html

野菜をおいしく作る秘訣を教えて下さい。(独自の育て方や工夫など)

「はたごんぼ」をうまく作るコツは、種を蒔いて15日間しっかりと世話をすることです。虫にやられないように、いかにふた葉を出すことができるかが勝負です。ごぼうの成長とともに周りの草も生えてくるので、栄養がごぼうにいくように農薬を使わずに手作業で引き抜き育てます。

今後の「はたごんぼ」の取り組みや展望を教えてください。

「はたごんぼ」は、作り続けると連作障害がでてきてしまうため、2年作ったら3~5年は別の野菜を作らないといけません。しかし、昨年は3年目に挑戦し、立派なごぼうを収穫することができました。その理由は、土壌消毒をしてマッシュルームの菌床や牛糞などの有機肥料を土にすき込むことで、土をごぼうが育つ環境に戻すことができたからです。今年は、どうなるか分からないけど、もう1年ごぼうが育つ土に整えて4年目に挑戦したいと思っています。

メッセージをお願いします。(野菜作りの苦労や楽しさなど)

ゼロからスタートした「はたごんぼ作り」もおかげさまで、新聞やテレビに取り上げていただき知名度が高くなってきました。しかし、収量が少ないため全国のみなさんにお届けするのは難しいのが現状です。少しずつではありますが、行政や井関農機(株)に協力してもらいながら耕作面積を増やして、全国のみなさんにも「はたごんぼ」を食べていただきたいと思っております。

"産地野菜"レシピ

「はたごんぼ」のふじっ子炊き込みごはん おいしいごぼうをふじっ子でさらにおいしく!「はたごんぼ」のふじっ子炊き込みごはんをご紹介します。

材料(4人分)

フジッコ「便利な塩こんぶ」
15g(大さじ3)
お米
2合
鶏肉
100g
うすあげ
40g(1枚)
にんじん
30g
はたごんぼ(ごぼう)
50g
粉末だし
小さじ2

作り方

  1. 鶏肉は5mm角に切り、うすあげは千切り、にんじんは皮をむいて千切りにする。(①)
  2. はたごんぼ(ごぼう)は、水で洗い、包丁の背を使って軽く表面をそぎ取り、ささがきにする。(②)
    その際、ボウルを使い水にさらして、あく抜きをする。
  3. お米を研いで、炊飯釜の2合目盛りより少し多めに水をセットして、粉末だし、①、②を入れて炊く。
  4. 炊き上がったら蒸らして、便利な塩こんぶを入れて混ぜ込む。

これまでの全国和食探訪記

和食文化国民会議 楽しい・おいしい食卓を提案する健康情報誌BeansLife

「ふじっ子ちゃんの和食探訪記」は一般社団法人和食文化国民会議(通称:和食会議)の賛同企画『和食会議PRESENTS』として公開しております。
また、ビーンズライフに誌面提供しております。