和食文化国民会議presents

ふじっ子ちゃんの「全国和食探訪記」

産地野菜 よろこんぶリサーチ

今回は和歌山県の「はたごんぼ」をリサーチしたよ!

① 育て方

パクチーは一年草なので、一年を通して栽培できる野菜です。種をまいて春先でしたら45日くらいで収穫できます。秋に種をまいて1~3月頃に収穫するパクチーが、食べやすくておいしいです。4~6月に収穫する時期に合わせてパクチーの種を採ります

② 収穫の仕方

収穫の仕方は人それぞれですが、うちでは農業用のフォークを使って土をほぐして、手で収穫します。なぜかというとパクチーは地面にしっかり根が広がっている野菜なので、しっかり土をほぐして根を残して収穫する必要があります。

③ 種類

パクチーの種類としては、300種類くらいあり、それぞれ個性があります。もちろん味や香りだけでなく葉の形も違います。数ある中から10種類程度を試験栽培した中で厳選しもっとも食べやすかった1品種を育てています。

④ 生産地

パクチーの主な生産地は、静岡県、岡山県、茨城県です。最近ではパクチーを育てている地域も増えています。

⑤ 味・栄養

岡パクは、甘みがありマイルドで食べやすいのが特徴です。そのため、パクチーをあまり食べたことがない初心者の方におすすめです。
パクチーの葉には、ビタミンCやカロチンが豊富に含まれており、消化促進、血液の浄化作用、強壮効果などがあると言われています。

⑥ おすすめの調理方法

岡パクの特徴である根っこを活かしたレシピは、"天ぷら"や"かき揚げ"です。揚げることで甘みが増して、食べると口の中にパクチーの香りが広がります。
また、薬味としてもよく使います。鍋をした後の"ぞうすい"に入れたり、ラーメンに入れても、とても相性がいいですよ。
最近では、企業とコラボして、お酒にパクチーを入れる「岡パクヒート」として、パクチーを広めています。岡山市内の約50店舗の飲食店で扱ってもらっています。

生産者インタビュー

今回は岡山県で「パクチー」を生産されている秋山さんにインタビューをお願いしました!

秋山 佳範さんプロフィール
岡山市農協青果物生産組合 パクチー部会
岡山市の農協に所属して、パクチーの生産者さんをまとめる部会長をされています。

農業歴を教えて下さい。

実家がもともと農業をしていて17歳の頃から手伝い始めました。
農業歴で言うと16年ですね。

岡パクを栽培するきっかけを教えてください。

もともと、にんじんやだいこんをメインで栽培していますが、「パクチー」は、にんじんと同じセリ科の野菜として、農協に紹介され牧石・牟佐地区の仲間と作り始めました

栽培している岡パクの魅力を教えてください。

岡パクは、マイルドで食べやすいのが特徴ですが、もうひとつの特徴は、根っこです。スーパーで茎と葉の部分を見かけますが、岡パクは根が付いたものをきれいに洗い出荷しています。実は、葉や茎よりも根の方が、甘みが強く美味しいんですよ。

岡パクを美味しく作る秘訣を教えて下さい。

一言でいうと「この土地のおかげで岡パク」が育っています。
土が決め手なので、水はけがよく砂地のため根の張りがしっかりするので、立派に育ちます。 土作りは大切なので、有機物を混ぜ込み、ふかふかな土にしてパクチーが育ちやすい環境を整えています。
また、パクチーは生のまま食べることが多い野菜なので、農薬を使わずに育てています。アブラムシ、青虫、なめくじ、バッタなどあらゆる虫が寄り付くので、育てるのが大変です。

今後の岡パクの取り組みや展望を教えて下さい。

岡パクを広げたい"という思いが強いですね。パクチーは作りやすい野菜なので初めて作る場合も意外と簡単に作れますが、実は作り続けるのが難しい野菜です。
育ててみて実感したのですが、パクチーは、同じ畑で作り続けることが難しい野菜です。そのため、安定した量を出荷するためには、計画的に栽培して管理する必要があります。
最近では、連作にならないように田んぼを使わない期間に工夫してパクチーを育てています。
今後は、年間を通して安定した量を作って、飲食店や直売所で扱ってもらえるところを少しずつ増やしていきたいですね。

メッセージをお願いします。

まずは岡パクを手に取って食べてもらいたいですね。他のパクチーと食べ比べをしてもらったらぜんぜん違います。本当にマイルドで甘く食べやすいです。 だからこそ、普段の料理に使う葉野菜のように、卵やお肉と合わせて食べてもらいたいですね。

"産地野菜"レシピ

「はたごんぼ」のふじっ子炊き込みごはん おいしいごぼうをふじっ子でさらにおいしく!「パクチーのふじっ子おにぎり」と「ふじっ子入りパクチーチヂミ」をご紹介します。

パクチーのふじっ子おにぎり 材料(4人分)

フジッコ「減塩ふじっ子(塩こんぶ)」
12g
パクチー
1束(100g)
お米
3合

作り方

  1. パクチーを食べやすい大きさに切る。(①)
  2. ボウルに炊いたごはん、減塩ふじっ子、①を入れ混ぜ合わせる。(② )
  3. ② を八等分して三角形に握る。

ふじっ子入りパクチーチヂミ 材料(2枚分)

フジッコ「減塩ふじっ子(塩こんぶ)」
20g
小麦粉
80g
片栗粉
20g
1個
100㏄
豚肉
50g
パクチー
2株(30g)
ピザ用チーズ
一握り
鶏ガラスープの素
小さじ1
ごま
適量
ごま油
適量

作り方

  1. ボウルに小麦粉、片栗粉、卵、水を入れて混ぜ合わせる。(①)
  2. パクチー、豚肉を一口大に切る。(② )
  3. ①に② 、ピザ用チーズ、鶏ガラスープの素、ごま、塩こんぶふじっ子を加えて混ぜ合わせる。(③)
  4. フライパンを中火で熱し、③を入れ手早く広げて焼く。
  5. 両面こんがり焼けたら切り、お皿に盛り付ける。

これまでの全国和食探訪記

和食文化国民会議 楽しい・おいしい食卓を提案する健康情報誌BeansLife

「ふじっ子ちゃんの和食探訪記」は一般社団法人和食文化国民会議(通称:和食会議)の賛同企画『和食会議PRESENTS』として公開しております。
また、ビーンズライフに誌面提供しております。