和食文化国民会議presents

ふじっ子ちゃんの「全国和食探訪記」

産地野菜 よろこんぶリサーチ

今回は北海道の「にんじん」をリサーチしたよ!

① にんじんの特性

にんじんの栄養の特徴は、βカロテン(ビタミンA)が非常に多く含まれており、他にもビタミンCや食物繊維、ミネラルなどの栄養も含まれています。

② 種類・分類

分類はセリ科ニンジン属で、にんじんを大きく分けると「三寸」や「五寸」などを代表とする「西洋系」と、京都の「金時(京にんじん)」や沖縄の「島にんじん」を代表とする「東洋系」の2種類に分類されます。国内で一般的に流通しているのは西洋系のにんじんで、東洋系は普段あまり目にすることはありません。

③ 栽培(育成)について

ニンジンが発芽する適温は15~25℃、生育の適温は18~22℃です。
生育適温は20℃で、12℃以下になると根の着色が悪くなります。
2℃以下になると生育が止まり、幼苗の時に10℃以下になると花芽ができ、高温で日が長くなると「とう立ち」してしまいます。

※ 「とう立ち」とは、にんじんが花を咲かすために、茎を伸ばそうとして芯が硬くなることです。

④ 家庭で育てる場合のポイント

プランターで栽培する時は根が小さく育つ「ミニニンジン」がおすすめです。
種は直播きし、発芽するまでは用土を乾燥させないように水やりしましょう。
間引いた後に根元に土寄せを行う事で根の緑化を防ぐことが出来ます。
幼苗期の間引きは一度にたくさん行わず、徐々に間引いて少しずつ根を太らせるようにしましょう。

⑤ おいしいにんじんの選び方・保存方法

全体がなめらかなオレンジ色で皮に張りのあるもの。肩の部分が、緑がかったものは避けたほうがよいでしょう。

冬は新聞紙などに包んで冷暗所で保存します。春~秋はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。にんじんは水気があると傷みやすいので表面の水気をふきとってから保存しましょう。葉付きのものはすぐに葉をカットします。そのままにしておくとにんじんの栄養が葉に奪われ、味が落ちてしまいます。

⑥ にんじんの生産地

順位 都道府県 収穫量
1位 北海道 187,000t
2位 千葉県 117,100t
3位 徳島県 54,200t
4位 青森県 38,200t
5位 長崎県 35,500t

出展:農林水産省(野菜生産出荷統計・平成26年度)

生産者インタビュー

今回は北海道で「にんじん」を生産されている飯田修久さんにインタビューをお願いしました!

農業歴を教えて下さい。

農業歴は、33年です。

広大なにんじん畑

農業をはじめたきっかけを教えてください。

父親が農業をしていてその後を継ぎました。

心を込めて作っています。

栽培している野菜を選んだきっかけを教えて下さい。

今は、輪作の一環で「にんじん」を栽培しています。

栽培している人参のアピールポイントは何ですか?

あまり農薬を使わずに、食べてくれる消費者のため心を込めて、にんじんを作っています。

ホームページをご覧の皆さんへメッセージをお願いします!

農業は、天候によって作物の生育が大きく左右されるので、思うようにいかないときもあり苦労することがありますが、自分が手塩にかけた物が成長してゆく様子を見る事や収穫して食べる喜び、近所の畑仲間とのコミュニケーションなどの楽しさがあります。
これからも、美味しい野菜を作って、消費者の皆さんに食べていただきたいです。

"産地野菜"レシピ

にんじんと塩こんぶの和風ラペ おいしいにんじんをふじっ子でさらにおいしく!「にんじんと塩こんぶの和風ラペ」をご紹介します。

材料(2人分)

フジッコ「便利な塩こんぶ」
15g(大さじ3)
にんじん
中1本(約150g)
A

白ごま
大さじ2
オリーブオイル
大さじ1
レモン汁
少々
粗挽き黒こしょう
少々

作り方

  1. にんじんはピーラーで1cm幅にむく。
  2. ボウルににんじん、塩こんぶ、Aを入れ、混ぜ合わせる。
  3. 常温で15分前後、にんじんがしんなりするまで置き、器に盛り付ける。お好みで冷蔵庫で冷してからいただく。

これまでの全国和食探訪記

和食文化国民会議 楽しい・おいしい食卓を提案する健康情報誌BeansLife

「ふじっ子ちゃんの和食探訪記」は一般社団法人和食文化国民会議(通称:和食会議)の賛同企画『和食会議PRESENTS』として公開しております。
また、ビーンズライフに誌面提供しております。