企業・IR・採用

フジッコ流「つくり」

おいしさは、職人のこだわりと心意気が作る。

「ご家庭の味」をおいしく、いつでもどこでも安心して召し上がっていただくための「技術」。
おいしいものを均質に全国にお届けするためには、意外な重装備が要ります。
コンピュータ制御も欠かせません。自社開発した手作りの装置も沢山あります。
…でも肝心なところでは人手を惜しまないのがフジッコ流。
品質と味を決めるのは「職人」のこだわり。
湯気の向こうの若きマイスター達の取り組みが、フジッコの味を作り出しています。

職人のこだわりが妥協のないおいしさを作る

温度は?色は?味は? …真剣な釜との取り組み。熟練のカンと経験が、いちばんおいしい「今!」を決めます。――
彼等の緊張を支えているのは、お客様からいただいた「おいしかったよ」のお声の記憶。おいしさ作りの自信と誇りです。

常識に囚われず、おいしさにこだわれる環境。その理由がここにある

おいしさと安心のためには常識にこだわるな。…こんな精神は工場にもあふれています。
たとえば、おなじみの「ふじっ子煮」の多くは、お釜でかきまぜて炊くのではなく、昆布は動かないまま調味液の方が循環して仕上げられます。いわば、逆転の発想。そっと置かれた昆布は傷まず、じっくり時間をかけて、おいしさをとっくりと含みます( 真空濃縮循環煮熟法:右上)。
また「おかず畑」は炊きあげたらすぐ真空冷却。最後の仕上げも、味を損なわないよう低温レトルト殺菌されています(右下)。

Full of Beans!

Clean Factory Fujicco

現場への入り口で清潔を保つためのチェックや消毒は作業者の自覚が守ります。
作業中にも一定時間ごとのチャイムに合わせて責任者が再度ローラー掛け。服装などを厳しくチェックして巡回しています。