企業・IR・採用

ワークライフバランス確立のための取り組み

フジッコでは、従業員が仕事と家庭の両立ができ、
充実した豊かな社会生活の実現のために
出産・育児・介護等の分野で様々なサポートを行っております。

ワークライフバランス確立のための支援制度

制 度 概 要
半日有給取得制度 半日有給取得を認め、有給消化の促進を図る
育児休業 子が3歳に達するまでの期間取得可能
育児期間深夜業の制限 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する期間、午後10時から午前5時までの間の労働の制限
育児期間所定外労働の免除 3歳に満たない子を養育する従業員の所定外労働の免除
育児期間時間外労働の制限 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員の1ケ月24時間・1年150時間を超える時間外労働の制限
育児期間短時間勤務 小学校3年生を修了するまでの子を養育する従業員の、原則6時間勤務(1日の所定労働時間8時間の場合)を認める
育児期間子の看護休暇 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員で、1人の場合年間5日、子の看護休暇を取得可能(2人以上の場合は年間10日)
妊娠・育児期間の母性健康管理措置 妊娠中及び出産後1年以内の女性従業員の勤務時間内の通院の許可
介護休暇 要介護状態に有る家族の介護をする従業員は、要介護家族が1人の場合年間5日、介護休暇を取得可能(2人以上の場合は年間10日)
介護休業 介護を必要とする家族を有する勤続1年以上の従業員の最高93日間の介護のための休業の取得
介護期間深夜業の制限 要介護状態の家族を有する従業員の午後10時から午前5時までの間の労働の制限
介護期間短時間勤務 要介護状態の家族を有する従業員の原則6時間勤務(1日の所定労働時間8時間の場合通算93日間)
介護期間時間外労働の制限 要介護状態にある家族を介護する従業員の1ヶ月24時間・1年150時間を超える時間外労働の制限
再雇用制度 出産・育児・介護等を理由とする退職者に対する再雇用を実施
配偶者出産休暇の制度 配偶者の出産時の休暇を2日取得可能